暁闇―二枚舌・山崎正友と宗門問題

個数:

暁闇―二枚舌・山崎正友と宗門問題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 09時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 355p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784902059007
  • NDC分類 188.98
  • Cコード C0036

内容説明

創価学会を破門し、信徒を見下す日蓮正宗の出家たち。その頂点に立つ「法主」が、信仰心のない山崎正友の二枚舌に転がされた。本書は、未公開の正確な情報と記録を駆使し、二度にわたる宗門問題の全貌を明らかにした。

目次

タコの心
仄見えた奸計
明かされた本音
昴の夜
洩れた奇襲計画
岩を穿つ雨滴
高笑う服役囚
揺れる戒壇論
心を喰らう餓鬼
無知の暴走
猜疑の根茎
銭ゲバたちの出会い
国際軍事戦略の爪
法滅尽の時
驕慢の燕雀
掌中の“玉”
錫杖の音
掴んだのは藁

著者等紹介

北林芳典[キタバヤシヨシノリ]
1947年11月22日、広島県呉市に生まれる。71年、東京理科大学理学部を中退し、(株)新社会研究所に入社。月刊誌『情報パック』の編集にあたる。74年、社団法人日本宗教放送協会発行の月刊誌『宗教評論』の編集長。80年以降は、フリーのジャーナリストとして活動。83年、(株)報恩社を設立し代表取締役に就任、葬祭業を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こうきち

1
新人間革命も必読ですが、青年部としては、こっちの方が必読という気がする。2017/07/04

空 みたか

0
読むべき一冊です。 権威の衣の下で、畜生にも劣る所業は、歴史的永遠に語り継ぐべき事です。 怒りにうち震える感情を経験しました。2014/03/15

和夫

0
山崎正友の悪行を暴きながら、宗門事件の本質をえぐり出した本。自身の根底の一念に何を置いているかが最も重要だと思った。2018/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/593203

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。