マキノの庭のミツバチの国

個数:

マキノの庭のミツバチの国

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901908795
  • NDC分類 486.7
  • Cコード C0045

内容説明

ミツバチ一家は合議制で物事を決めてるって知ってましたか。マキノを棲家にしたアマカワさんとミツバチの日常がエッセイに。興味深くて面白くて、なんだかほのぼのします。

目次

1章 ミツバチとの暮らしが始まった(ミツバチとの出会い;我が家にやってきたニホンミツバチ ほか)
2章 ミツバチの暮らしをのぞいてみる(ミツバチ観察、その体はどうなっている?;ミツバチとハエ ほか)
3章 太陽とミツバチダンス(ミツバチのふしぎな能力;踊りまくるミツバチたち ほか)
4章 ミツバチ・ファミリーの引っ越し(地上10メートル、高所にできた蜂球;新居の情報もダンスで交換 ほか)
5章 ダンサーミツバチのコミュニケーション力(ダンス会議で住処を選ぶ;アリにも投票行動? ほか)

著者紹介

尼川タイサク[アマカワタイサク]
1943(昭和18)年生まれ。1972(昭和47)年/九州大学大学院理学研究科・博士課程生物学専攻単位取得満期退学。理学博士(九州大学)。1991(平成3)年/神戸大学教養部教授、1992(平成4)年/発達科学部教授(人間環境学科・自然環境論講座)。2007(平成19)年/定年退職(神戸大学名誉教授)。専攻は動物行動生理学、神経生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)