マキノの庭のミツバチの国

個数:

マキノの庭のミツバチの国

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901908795
  • NDC分類 486.7
  • Cコード C0045

内容説明

ミツバチ一家は合議制で物事を決めてるって知ってましたか。マキノを棲家にしたアマカワさんとミツバチの日常がエッセイに。興味深くて面白くて、なんだかほのぼのします。

目次

1章 ミツバチとの暮らしが始まった(ミツバチとの出会い;我が家にやってきたニホンミツバチ ほか)
2章 ミツバチの暮らしをのぞいてみる(ミツバチ観察、その体はどうなっている?;ミツバチとハエ ほか)
3章 太陽とミツバチダンス(ミツバチのふしぎな能力;踊りまくるミツバチたち ほか)
4章 ミツバチ・ファミリーの引っ越し(地上10メートル、高所にできた蜂球;新居の情報もダンスで交換 ほか)
5章 ダンサーミツバチのコミュニケーション力(ダンス会議で住処を選ぶ;アリにも投票行動? ほか)

著者等紹介

尼川タイサク[アマカワタイサク]
1943(昭和18)年生まれ。1972(昭和47)年/九州大学大学院理学研究科・博士課程生物学専攻単位取得満期退学。理学博士(九州大学)。1991(平成3)年/神戸大学教養部教授、1992(平成4)年/発達科学部教授(人間環境学科・自然環境論講座)。2007(平成19)年/定年退職(神戸大学名誉教授)。専攻は動物行動生理学、神経生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。