ぽっかり穴のあいた胸で考えた―わたしの乳がん体験記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 242p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901784955
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

40代、独身、パフォーマンス・アーティスト。“オンナらしさ”とは無縁、ピンクリボンキャンペーンにはなじめず、乳がんで解放感を味わうわたしって、どうよ?「ちょっと女からハズれてる」キャラの著者による、トランスジェンダー的がん闘病エッセイ。

目次

胸にぽっかり穴があいてしまった(胸にぽっかり穴があいてしまった;乳がん患者は三度泣く;坊主頭の言い訳 ほか)
ずっとあなたを見守っていた(ずっとあなたを見守っていた;ジョンペのアネサ;それぞれの立っている場所 ほか)
生存率、生きていれば一〇〇パーセント(諦めなさい;がんは宿主に似るのかもしれない;飾りじゃないのよ涙は ほか)

著者等紹介

高橋フミコ[タカハシフミコ]
1960年横浜市生まれ。美大受験のため浪人4年。スローな人生が始まる。東京造形大学卒業後、さまざまなアルバイトを経験しながら創作活動を続ける。1994年パフォーマンス・アートと出会い、以後創作活動の中心に。アジア諸国、欧州、北米のアート・フェスティバルに参加多数。2003年4月乳がんと診断される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。