テクマクマヤコン―ぼくのアニメ青春録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901784818
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0095

内容説明

「ひみつのアッコちゃん」が変身する呪文を発明し、「ノリスケさん」ちのひとり息子を「イクラ」と命名。原作がたった3巻の『キテレツ大百科』から280本ものお話を作り、作品ナンバー1番を書いた『サザエさん』は、37年後の今や1,600本を超えてもなお執筆中…。日本のテレビアニメの黎明期から、その歴史とともに走り続けるベテラン脚本家が語る、あの作品、あの人、あの時代。かつての少年少女に贈る自伝的エッセイ。

目次

1部 ぼくのアニメ青春録(『サザエさん』ものがたり;キテレツ修業日記;ライター稼業の風景;愛すべき作品たち;わがシナリオ無作法)
2部 シナリオ3題(ゆりかごのメロディ「たんぼの中の一軒家」;あかねちゃん第2話「あかれとひでばろ」;ムーミン第13話「パパは売れっ子作家」)

著者等紹介

雪室俊一[ユキムロシュンイチ]
脚本家。日本脚本家連盟会員。1941年1月11日生まれ。映画、コメディーのほか、黎明期からアニメのシナリオを多数執筆。代表作に『サザエさん』『あしたのジョー』『ゲゲゲの鬼太郎』『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。