点景 昭和期の文学

個数:

点景 昭和期の文学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901734646
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C3095

内容説明

川端康成・三島由紀夫・水上勉・野坂昭如・阿部昭・福田恒存・飯沢匡・井上ひさしらの作品を通して、「昭和」という舞台の複雑な表情に光をあてる。

目次

第1部(川端康成“花鳥之図”―「化粧」について;川端康成「死者の書」論―一九三〇年代の文学にみる死の意識をめぐって;三島由紀夫「復讐」への私注;海という墓―水上勉の初期作品・素描;野坂昭如「火垂るの墓」を読む;治療行為といういやし―山本周五郎「赤ひげ診療譚」;単独者の出発―井伏鱒二『集金旅行』;青春の闇―阿部昭の青春小説;岡松文学の魅力―「峠の棲家」にふれて)
第2部(稲垣達郎と北川清;川端康成と演劇―その背景;森本薫の出番;戦後という喜劇―福田と飯沢;一九四五年八月末の演劇―井上ひさし『連鎖街のひとびと』;二〇一〇年のチェーホフ;龍の手触り―福田恆存「龍を撫でた男」)

著者等紹介

岩佐壯四郎[イワサソウシロウ]
1946年島根県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。関東学院大学教授。『抱月のベル・エポック』(大修館書店)、サントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件