障害児が学校へ入るとき―特別支援教育に抗して (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784901531153
  • NDC分類 378
  • Cコード C0037

目次

視覚障害のある子の場合―「親が付き添わなければ就学通知は出さない!」と言われ
肢体不自由障害のある子の場合(「もしかしてみんなといっしょの学校に行きたいの?」「ウン!」;「ぼくはここへ来たかった、入りたかった」)
弱視で、発達に遅れのある子の場合―「重度の障害」があっても…自分たちの生き方は自分たちで決める
動き回り、トイレもままならない子の場合―「普通学校に行けるの?行って良いの?」
弱視で、発達に遅れのある子の場合―こんなに気の重かった時期はなかった
地域の小学校に入るためのQ&A(普通の学校に入ることは;普通の学校に入るまでに;入学後のことで;養護(特別支援)学校/特殊(特別支援)学級/教育委員会ほか
統合教育・インクルージョンへ
普通高校への入学)