障害児が学校へ入るとき―特別支援教育に抗して (新版)

個数:

障害児が学校へ入るとき―特別支援教育に抗して (新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784901531153
  • NDC分類 378
  • Cコード C0037

目次

視覚障害のある子の場合―「親が付き添わなければ就学通知は出さない!」と言われ
肢体不自由障害のある子の場合(「もしかしてみんなといっしょの学校に行きたいの?」「ウン!」;「ぼくはここへ来たかった、入りたかった」)
弱視で、発達に遅れのある子の場合―「重度の障害」があっても…自分たちの生き方は自分たちで決める
動き回り、トイレもままならない子の場合―「普通学校に行けるの?行って良いの?」
弱視で、発達に遅れのある子の場合―こんなに気の重かった時期はなかった
地域の小学校に入るためのQ&A(普通の学校に入ることは;普通の学校に入るまでに;入学後のことで;養護(特別支援)学校/特殊(特別支援)学級/教育委員会ほか
統合教育・インクルージョンへ
普通高校への入学)