魂とは何か―さて死んだのは誰なのか

個数:

魂とは何か―さて死んだのは誰なのか

  • お取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■3~5日以内

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆まれに、品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901510738
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

なぜ、あの人は、その人であるのか?―論理の先の不思議な気配を、語り始めることの秘密とともに、哲学が辿りついた感じる文体で考える。旧版『魂を考える』を大幅増補改訂。

目次

1 魂を考える(ポスト・オウムの“魂”のために;“魂”の考え方 ほか)
2 その人を考える(埴谷雄高と大森荘蔵;大森荘蔵氏の印象 ほか)
3 魂を語る文体は(ある人がその人である、という問い;考える不思議、「常識」の不思議 ほか)
4 魂の“私”をやってゆく(センチメント;謎の日々 ほか)

著者紹介

池田晶子[イケダアキコ]
1960年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。文筆家。専門用語による「哲学」ではなく、考えるとはどういうことかを、日常の言葉で美しく語る「哲学エッセイ」を確立して、多くの読者を得る。著作多数。とくに若い人々に、本質を考えることの切実さと面白さ、存在の謎としての生死の大切を語り続けた。2007年2月23日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

なぜ、あの人は、その人であるのか?―論理の先の不思議な気配を、語り始めることの秘密とともに、哲学が辿りついた感じる文体で考える。
旧版『魂を考える』を大幅増補改訂。ふたたび、魂を考える。

Ⅰ魂を考える

ポスト・オウムの〈魂〉のために
〈魂〉の考え方
〈魂〉の感じ方
〈魂〉の理解のしかた
少年Aとは何者か
脳死と「人の」死
〈魂〉のインフォームド・コンセント
六月の病室で
何が生きているのか
読者からの手紙


Ⅱその人を考える

埴谷雄高と大森荘蔵
大森荘蔵氏の印象
思索的想像力の形式について―埴谷雄高氏
般若豊さんのこと
情熱の形而上学―井筒俊彦氏
藤澤令夫氏のこと
哲学者・藤澤令夫さんを悼む
古い名前―中村元氏
新聞記者
普通のような普通でない人
いつもいつも一緒だった
犬の力ふたたび


Ⅲ魂を語る文体は

ある人がその人である、という問い
考える不思議、「常識」の不思議
古い言葉を想う


Ⅳ魂の〈私〉を生きてゆく

センチメント
天才の生き方について


あとがき(旧版『魂を考える』より)
初出一覧
池田晶子・略譜
池田晶子・著作一覧

池田晶子がここにいる―
「考える」ことの大切さを語り続けた文筆家・池田晶子さんは、2007年2月に没しました。
2009年春、残された未発表原稿と書籍未収録原稿を、著者の思索の柱となった3つのテーマで集成し、自らが記した墓碑銘を共通のサブタイトルとして3つの出版社より刊行します。