山口昌男の手紙―文化人類学者と編集者の四十年

個数:

山口昌男の手紙―文化人類学者と編集者の四十年

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 381,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901510547
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1039

内容説明

抜群の行動力と旺盛な好奇心で世界中を駆け巡り、知的挑発者として20世紀後半の人文学や芸術に決定的な影響を及ぼした稀代のトリックスターとの四十年―その濃密な交流の光と陰を八十余通の手紙と回想で綴る。

目次

第一章 最初のフィールドから
第二章 飛翔への階梯
第三章 表舞台への登場
第四章 新大陸での冒険
第五章 世界を股にかけた知的放浪
第六章 知の祝祭のゆくえ
終章 遠ざかる軌跡―とらえ難きヘルメスの往還

著者等紹介

大塚信一[オオツカノブカズ]
1939年、東京に生まれる。国際基督教大学在学中より山口昌男氏の指導を得る。63年、同大学を卒業し岩波書店入社。雑誌『思想』、岩波新書編集部などを経て、「現代選書」「叢書・文化の現在」「新講座・哲学」「河合隼雄著作集」など数々のシリーズ・講座・著作集を世に送り、また84年には編集長として季刊誌『へるめす』を創刊、学問・芸術・社会にわたる知の組み換えと創造を図る。90年、編集担当取締役、96年、代表取締役専務(社長代行)、97~2003年、代表取締役社長。現在、つくば伝統民家研究会(古民家再生コンサルティング等)代表、社会福祉法人日本点字図書館理事、東アジア出版人会議理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。