ベルナのしっぽ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901491143
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

27歳で失明した女性が、子育てをするために犬嫌いを克服して盲導犬とパートナーを組む決心をしました。彼女は盲目の夫と手を取り合いながら、盲導犬のベルナといっしょに子供の成長を見守りつづけていきます。しかし、ベルナもやがて目が見えなくなり、別れのときが近づいてきました。ベルナの最期を看取るまで、13年間にわたる家族の強い絆の中で育まれた、犬と人間の愛の物語。

目次

プロローグ お母さんになりたいな
1章 心を通わせて
2章 初めての町で
3章 赤ちゃん誕生
4 みんな家族
5章 二人はきょうだい
6章 老いていく日々
7章 ベルナの“反乱”
8章 さようなら、ベルナ

著者紹介

郡司ななえ[グンジナナエ]
新潟県高田市(現・上越市)生まれ。ベルナの晩年から『盲導犬のお話の会』を開始。現在は、3代目のペリラといっしょに幼稚園や小中学校、大学などさまざまな場で「共に生きる社会とは何か?」をテーマに感動を与えつづけている。その『盲導犬のお話の会』は、現在通算684回を達成。日本文芸家協会会員