編集者ほど面白い仕事はない―体験47年出版の全内幕を明かす

個数:

編集者ほど面白い仕事はない―体験47年出版の全内幕を明かす

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901331098
  • NDC分類 021.4
  • Cコード C0095

内容説明

新雑誌創刊、作家や政治家とのホンネのつき合い、各種団体との真っ向勝負、そして出版社立ち上げへ―。雑誌や本が好きな人、編集者を志す人に贈る、楽しくて、刺激的で、心に響く記録。

目次

月刊誌『日本』で学んだ編集者のあり方
創刊した『週刊現代』が迷走した理由
昭和事件史を彩る人々との出会い
マスコミの巨人・大宅壮一に教えられたこと
作家に寄り添ったさまざまな女たち
女性誌『ヤングレディ』が引き合わせた作家たち
『長嶋茂雄自伝』などベストセラーの内幕
三鬼陽之助&大森実のエネルギー
松本清張、司馬遼太郎の忘れ得ぬ場面
『現代』を調査報道で躍進させる
『週刊現代』で考えた総合誌のあり方
産業界の誘惑と創価学会の専横に抗して
「差別表現」と「性表現」問題の渦中で
『フライデー』を創刊からダッシュさせる
ビートたけし乱入事件を挟んで
リクルート事件・株譲渡を拒否した前と後で
記者クラブの「壁」に挑んだ六年間
学習研究社と組んで週刊誌創刊へ
総合月刊誌・週刊誌はこうあるべきだ
トップと編集者を目指す人たちへ

著者等紹介

伊藤寿男[イトウトシオ]
昭和9年、静岡県相良町に生まれる。昭和33年、講談社に入社。『現代』編集長、学芸図書第二出版部長、『週刊現代』編集長を経て取締役第一編集局長に。取締役のまま『フライデー』編集長を兼任。この間、日本雑誌協会の編集委員会副委員長、取材委員長、雑誌記者会幹事長を務める。昭和63年、講談社退社後、株式会社テーミスを興し、代表取締役社長に。学習研究社と組んで『週刊テーミス』を創刊するも2年後に廃刊。平成4年から現在の『テーミス』を創刊
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。