里中李生の競馬塾

個数:
電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

里中李生の競馬塾

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月01日 07時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901226509
  • NDC分類 788.5

内容説明

競馬に強い頭脳を養え!今すぐ役立つ「19年の知恵」、一挙公開。

目次

序章 勝負とは何か?
第1章 勉強レースとは何か?
第2章 信念なくして勝負なし
第3章 この本命馬、買わないといけない
第4章 馬券の神髄は単複にあり
第5章 セオリー制す者は競馬を制す
第6章 年間トータルで勝利せよ!
最終章 変わりゆく競馬に勝つために

著者紹介

里中李生[サトナカリショウ]
三重県出身。作家・写真家。広告代理店勤務などを経て、現在に至る。平成11年、「三冠十連勝」「年間三百万円の黒字」など自己の体験も綴った初の著書『競馬勝てる天才、負ける凡人』(イースト・プレス)で衝撃のデビューを飾る。以降、その斬新で辛口な筆致と勝負の真実を説いた内容で、老若男女を問わず、幅広い読者の支持を集める。また現在、文筆活動にとどまらず、写真家としての活動も精力的にこなしている

出版社内容情報

競馬ファンの圧倒的な要望に応え、里中李生の競馬実践ノート、初公開! 「19年間で18回の黒字」の全貌がいま明らかになる。

序 章 勝負とは何か?
忘れてはいけない“基本”/狩猟なくして勝利なし/オッズとは「伝言ゲーム」である/反大衆発想のすすめ
第1章 勉強レースとは何か?
攻めの姿勢を貫け!▼「東西重賞」攻略法/好走の瞬間を見極めよ!▼「実績馬」攻略法/なぜ連闘馬を狙うのか?▼「変則開催」攻略法/東京得意の馬、阪神得意の馬▼「二強模様」攻略法
厩舎の思惑を読め▼「乗り替わり」攻略法/一番勝つ可能性のある馬▼「同厩舎三頭出し」攻略法/追い込み馬を狙う理由▼「京都長距離」攻略法/成績・人気のバランスを見よ!▼「牝馬重賞」攻略法
第2章 信念なくして勝負なし
サンデーサイレンス産駒の牙▼「準OP」攻略法/サンデーサイレンス産駒の買い時、消し時▼「東西三場重賞」攻略法/騎手か、コースか、ハンデか▼「冬競馬」攻略法/十点買いは愚の骨頂▼「ハンデ重賞」攻略法/京都コースの落とし穴▼「別定GⅡ」攻略法/乗り役の意気込みを買え!▼「東京ダート」攻略法/【GⅠ後記①~フェブラリーS~】馬齢と距離について/中山は騎手で買え▼「開催替わり」攻略法/勝負レースはこう見極めよ!▼「別定重賞」攻略法
第3章 この本命馬、買わないといけない第5章 セオリー制す者は競馬を制す
Aコース使用の落とし穴▼「変則開催」攻略法/勝負勘を鍛える絶対の条件▼「三歳GⅠ」攻略法/【GⅠ後記⑥~NHKマイルC~】競馬の怖さを思い知れ/なぜ騎手で買うのか?▼「不良ダート」攻略法/スピード優先か、パワー優先か▼「左回りコース」攻略法/必ず買いたい本命馬▼「ハンデGⅡ」攻略法/差し馬なくして勝利なし▼「牝馬GⅠ」攻略法/【GⅠ後記⑦~オークス~】騎手の力か、馬の力か/見落としてはいけない、左回りの鬼▼「中京GⅡ」攻略法
競馬の基本を貫け!▼「牡馬GⅠ」攻略法/【GⅠ後記⑦~日本ダービー~】一番人気が受けるプレッシャー
第6章 年間トータルで勝利せよ!
とにかく逃げ馬を狙う日▼「東京ダート」攻略法/基本ローテが存在しないレース▼「混戦GⅠ」攻略法/【GⅠ後記⑧~安田記念~】馬連本線も取れた理由/こうして外枠を狙え!▼「開催最終週」攻略法/プラス一万円を目標とせよ!▼「別定GⅢ」攻略法/夏競馬で勝つポイント▼「小回りコース」攻略法/買える降級馬、買えない降級馬▼「東西三場開

 本書は、馬券セオリーが満載の一種の玉手箱である。
 私は馬券の基本を数え切れないほど持っていて、それに忠実に馬券を買っているだけだ。
 親馬鹿な厩舎情報には惑わされない。厩舎情報満載の新聞は面白いが、馬券の基本は書かれていない。元騎手の予想は手堅が、馬券の基本は書かれていない。ある新聞はよく的中するが、三連複は十点以上だ。
 基本で買う。
 単複を買う。
 連を買う時は5点以内でまとめる。
 パドックまで待ってから勝負をする。
 そういう話をまとめた本だ。

この本はちょっとスゴい……。正直いって、単複馬券を強調する著書のことを、割と本命党なのかな、と思っていた所もありますが、本書を見て、その先入観は思いっきりくつがえされました。ある時は、十三番人気の一着を予想しているなど、著者の、常にフレキシブルな競馬観には驚くばかりです。
競馬のセオリーと一言でいうけれど、そのセオリーもかなり奥が深いと分かりました。