アトピー性皮膚炎、実は依存症だった!

個数:

アトピー性皮膚炎、実は依存症だった!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月18日 06時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784900963771
  • NDC分類 494.8
  • Cコード C0095

内容説明

アトピー性皮膚炎の本質は「掻きグセ」である。発症したら3歳頃までに掻きグセを抑えることが大事。掻きグセを押さえこむには「保湿・抑制・予測」の三大原則。いつもと違うことが起きる時は「掻く」と考えるのが予測の一歩。大人になっての再発は「依存症」と意識するところから始める。厳格なスキンケアをすれば、ステロイドは必要ない。卵を制限するだけで、食物アレルギーは予防できる。アトピー性皮膚炎専門に治療してきた医師が25年間の知見をまとめた最終結論!!

目次

第1章 アトピー性皮膚炎の本質(正確に把握されていないアレルギー疾患の実態;花粉症が3割、というデータの謎 ほか)
第2章 なぜ「掻く」のか(掻きグセはどんな経過をたどるのか;掻きグセには一定の行動パターンがある ほか)
第3章 治療のための三大原則(「保湿・抑制・予測」で押さえこむ;合成洗剤は使うべきではない ほか)
第4章 食物アレルギーは予防できる!(アトピー性皮膚炎と食物アレルギーは関係ない;食物アレルギーの検査は何を、いつすべきなのか ほか)
第5章 アレルギーを起こす仕組み(アレルギーを起こす物質は皮膚から入らない;花粉症は体に入った花粉の量で発症したり収まったりする ほか)

著者等紹介

稲葉葉一[イナバヨウイチ]
1957年、山形生まれ。1985年に福岡大学医学部を卒業後、熊本大学医学部附属病院皮膚科に入局。NTT九州病院皮膚科勤務を経て、2003年に三里木皮膚アレルギークリニック(現・アトピアクリニック)を開設。皮膚科医の中でも稀な、アトピー性皮膚炎を専門に治療すること25年におよぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。