「霊性の神学」とは何か―福音主義の霊性を求める対話

個数:

「霊性の神学」とは何か―福音主義の霊性を求める対話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 13時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784900677357
  • NDC分類 191
  • Cコード C0016

内容説明

著者の心の渇きを出発点として、J.フーストン、E.ピーターソン、A.マクグラス、J.エドワーズ、カルヴァン、H.ナウエンらから学び、福音主義神学と霊性の調和を試みた意欲作。

目次

第1章 福音主義、霊性、そして霊性の神学
第2章 聖書を「霊的」に読むこと―霊性の聖書的土台
第3章 霊性と神学は互いに敵同士か―霊性の神学的土台
第4章 三位一体の神とキリスト者の霊性
第5章 友情―霊性を形成し実践する場(その1)
第6章 霊的同伴―霊性を形成し実践する場(その2)
第7章 信仰共同体としての教会―霊性を形成し実践する場(その3)
第8章 キリスト者の生活の全体像―福音に生きるために
第9章 霊性の社会的広がり―預言者の霊性から
第10章 祈り―「神との友情」に生きる者の生き方
第11章 福音主義の霊性を求めて―霊性の神学からの五つの提言

著者等紹介

篠原明[シノハラアキラ]
中之条キリスト集会牧会者(群馬県)。英語教師。1964年生まれ。早稲田大学、東京学芸大学大学院、リージェント・カレッジ(カナダ)、トリニティ国際大学(神学校、米国)で学ぶ。哲学博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころりん

1
日本人「福音派」牧師による「霊性の神学」の総論・提言。 ボクには憧れのリージェント神学校で学ばれた、かつ日本人牧師としての気づき、総合的な霊性論、霊性形成のための提言。 「自己犠牲」という言葉の、日本語に込められた否定的なニュアンスの扱いも嬉しい(「犠牲はいらない」かつ「自分を差し出す」包括的な理解こそ、福音!)。 カルヴァンの霊性の遺産を積極的に評価してくださるのも嬉しい。 「福音」が「十字架の死」以上の「からだのよみがえり」であることは薄い。 霊性と身体性についても、もっと深めて書いて欲しいなぁ。2021/03/01

つかしん

0
再読2022/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13681180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。