近衛文麿 野望と挫折

個数:

近衛文麿 野望と挫折

  • ウェブストアに52冊在庫がございます。(2021年10月18日 14時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 398p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784898314654
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

現代史を覆す、決定的真実!彼は軍部、左翼、更に昭和天皇まで利用しようとした。そして、近衛文麿は自殺したのではない!

内容説明

昭和天皇、陸軍、尾崎秀実、東条英機らを操り、敗戦革命を計画。戦後、一転してマッカーサーに取り入り、天皇退位を画策。復権を試みた近衛だが、彼のシナリオは思わぬところで破綻した。

目次

はじめに―近衛文麿は自殺ではなかった!
第1章 この世をば
第2章 革命児たち
第3章 レールを敷く
第4章 果報は寝て待つ
第5章 戦後覇権を掴め
第6章 最後の我が闘争
おわりに―近衛文麿の大望は歴史から拒絶された

著者等紹介

林千勝[ハヤシチカツ]
東京大学経済学部卒。富士銀行(現・みずほ銀行)を経て、現在、不動産投資開発会社役員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamatoshiuruhashi

32
近衛文麿とはいったい何者だったのか。近衛が中臣鎌足にはじまる藤原氏の血筋を濃厚に示すように、天皇と国家を我が物に、自分だけの繁栄のために利用し続けた「公家」そのものであったことは本書によらずとも歴史の事実から疑いようもない。平安の昔から藤原氏にあるのは権力の掌握と一族の安寧だけであり、その処世術の権化が近衛文麿と言っても良いだろう。まさに公家が生き延びた術を昭和の歴史に凝縮している。この血を引く平成の首相もまた内閣を途中で投げ出し安全地帯から受けの良い言葉を吐くだけの責任を取らぬ公家であった。2018/05/11

ネコ虎

19
近衛は共産主義者だったのか。しかも日本国家を戦争と革命で清算して、ヒットラーの国家社会主義を模した自ら指導者になるという野望をもっていたようだ。周りは風見章、尾崎秀実ら共産主義者だらけで、近衛の優柔不断さで引っ張られたと思っていたが、確信犯的のようだった。山本五十六や米内光政もとっても怪しい。日本が不利になるように強いられた戦争だった。敗戦後米国共産主義者に裏切られて挫折した近衛だが、死因は自殺でなく他殺と著者は暗示する。少し強引な話の運びの気もするが、概ねそういうものだったという説得力は感じられた。 2018/06/24

0717

17
ある意味、恐ろしい内容。近衛文麿、首相時代は風見章、尾崎秀実などの共産主義者を政権中枢に呼び込み、レーニンの「革命的祖国敗北主義」、「帝国主義戦争を内乱(革命)に転化せよ」というスローガンにもとづいて、支那事変から対米英戦争までレールを敷き、日本を敗戦へ導いたという。戦後はいち早くマッカーサーを訪れ、改憲の音頭をとり、昭和天皇の退位をほのめかし自らの保身を図る。しかし、共産主義とは恐ろしい。いまだに苦しめられている。2021/06/27

カブトムシIF

15
この本は、まだ読んでいません。もっと私が若かったら必ず読んでいたろうと思います。この著者は、よく勉強しています。良く読める人には、お勧めです。私は、YouTubeでお話をお聞きしております。 2021/04/21

技有一本

5
陽明文庫などの貴重な一次史料の発掘、今まで隠されていた真実の正銘、皇軍を崩壊させた近衛の野望を100%トレースしている書だと思います。推測など全くない、まさにノンフィクションです。2018/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12479234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。