お父さん、まだだいじょうぶ?日記

個数:

お父さん、まだだいじょうぶ?日記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 04時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784898155417
  • NDC分類 740.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

お父さんはカメラマン。

= = = 

ヨシタケシンスケさん推薦!

「家族が、人生が、希望が、焦りが、喜びが、一口サイズで、ボリューミー。
サイコロステーキみたいな本だな、と思いました。」(帯コメントより)

= = = 

おかしくてたまらなく愛くるしい子どもたちの写真と、クセになる文章。
前作『お父さん、だいじょうぶ?日記』で共感と失笑と微笑の嵐を呼んだ“あの父”が帰ってきた!

- - -
2度目の緊急事態宣言。
「家で子どもとだけ話してたら、なんかオモロない人間になりそうやわ」
と妻に言うと、
「もともとそんなオモロないで」と言われる。
(ある日の日記)
- - -

不安も笑いもますます快調!
東京新聞での育児エッセイ連載「お父ちゃんやってます!」も大好評の加瀬健太郎がおくる、家族のユカイな写真日記、第2弾。

大笑いして、じんわり泣ける。
気づけば心も軽くなる、魔法のような子育てエッセイ。

内容説明

お父さんはカメラマン。不安も笑いも共感も、ますます快調!

目次

2019年(「営業に行く」;飛び級;取材の仕事 ほか)
2020年(神より下;三角公園;ヨックモック ほか)
2021年(ストーブ;宣言2;初雪 ほか)

著者等紹介

加瀬健太郎[カセケンタロウ]
写真家。1974年大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、イギリスに留学。London College of Communicationで学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツキノ

20
2021年5月発行。あー楽しかった。前作三男誕生で終わっていたけれど、今作では四男誕生。長男貫太郎くんの「まえがき」作文がとてもいい。子どもたちの写真は日記に描かれていることそのものではないのだけれど、微妙にリンクしているのが可笑しい。大らかな妻の言動で〆るあとがきもいい。2021/11/15

milk tea

19
なにげない日常と会話と写真。お父さんが面白い。お母さんがもっと面白い。そして子供たちが親の遺伝子をしっかり受け継いでいる。旧石器時代の話、夜皿洗いをしていると、晩ご飯の食器の下から昼ご飯の食器、その下から朝ごはんの食器が発掘される。歴史は地層を見ればだいたいわかる。もう笑いが止まりませんでした。2021/07/02

Toshi

12
味のある写真ととぼけた文章。また笑わせていただきました。3人目どころか4人目も生まれちゃって、お父さん、ほんとうにだいじょうぶ?2021/07/10

ゆうちぃ

7
子供を何より大切に想うお父さんの気持ちが、写真から溢れ出ている。写真も可愛くてユーモラス。併せて載せられている文章も面白くて何度も笑ってしまう。奥様もいい味出てます。読むと和みます。緊急事態宣言当時でもあり、世を覆っていた不安な空気を思い出すと、家族の温かい絆を一層感じる一冊でした。2024/05/27

ニコぴよ

5
日記と写真がリンクしていないが、なんだか面白い。コロナ禍でますます家に居るお父さん、心配を口にすると「ある分で生活したらええやん」と妻に言われるとは、エエ夫婦やん。でも四男誕生前には「仕事して‼︎」とも言われてて、そろそろカメラマンとして仕事増やせるといいですね。実家のブティックでの火事•泥棒の話のオチ、おじいちゃんが役に立たなかったがお約束なのが吹き出してしまいました。2024/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17926289
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。