ノベライズ 花束みたいな恋をした

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

ノベライズ 花束みたいな恋をした

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月25日 13時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784898155349
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

- - -
映画『花束みたいな恋をした』
2021年1月29日全国ロードショー

主演: 菅田将暉 有村架純

脚本: 坂元裕二(「カルテット」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「最高の離婚」)
監督: 土井裕泰(「カルテット」『いま、会いにゆきます』『罪の声』)
- - -

あなたは思い出しますか?

二人で過ごしたあの部屋と時間を、
ベランダからの景色を、
川辺の帰り道を……。

すべての恋の

内容説明

あなたは思い出しますか?二人で過ごしたあの部屋と時間を、ベランダからの景色を、川辺の帰り道を…。すべての恋の思い出に捧ぐ、珠玉のラブストーリー。

著者等紹介

坂元裕二[サカモトユウジ]
脚本家。東京藝術大学教授

黒住光[クロズミヒカル]
フリーライター。脚本家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

machi☺︎︎゛

138
2020年のプロローグから始まる麦と絹の恋愛物語。出会いの2015年に遡り2人の生活の一部の様な恋愛の様子が逆にドキドキした。価値観や波長があまりにも合うと感じた2人だけど長い間一緒にいるとやはりズレや違いは出てくるわけで、、、。だけどいかにも今の子の恋愛という感じがアラフォーの私には新鮮だった。2021/12/06

よつば🍀

103
山音麦と八谷絹の2015年から2020年までを描いた恋愛小説。偶然の出会い、相手の事が気になり、もっと知りたくなる。好きな小説が同じだったりすると、運命的な物すら感じる瞬間。相手から言われた好意的な言葉を反芻する瞬間。恋の始まりを予感させる数々の言葉に胸がときめく。でも恋の賞味期限は想像以上に短い。社会人になり恋の事だけを考えていられなくなる二人。日々の雑多に追われ相手を思う気持ちに変化が生じ、少しずつ入る亀裂がリアル。文中に登場する小説、音楽等が良いスパイス。恋愛の楽しさと切なさがギュッと詰まっていた。2021/02/06

❁かな❁

74
映画を観て原作も読んでみた。読んでいると映画の場面が頭の中に浮かび再度、映画を観ている感覚になれた。2人が好きなものが色々同じで盛り上がる気持ちもわかる!今村夏子さんやほむほむの名前が出たのも嬉しい!きゅんとして切なくなった。「女の子に花の名前を教わると男の子はその花を見るたびに一生その女の子のこと思い出しちゃうんだって」って台詞があるけど確かに想い出の花が街中で咲いてるのを見る度に思い出してしまう。坂元裕二さんのセンスほんとに大好き♡坂元さんの『往復書簡 初恋と不倫』の方が好みだけど今作も良かった!2021/02/22

matsu04

70
まあ分かりきってて読んだ(映画は観ていない)訳だけれど、やはり実に切ない。あの頃の気持ちを無理やりモロに思い出さされてしまい、キュンとせずにはいられない。ジーンと来すぎる。2021/03/28

マカロニ マカロン

56
個人の感想です:A-。今年(2021)3月に見た映画のノベライズ。緊急事態下の映画館はガラガラだったが、菅田将暉と有村架純の麦と絹の二人の出会いから同棲、隙間風、別れにキュンキュンしながら見た。本書を読みながら、自分にもあった青春時代を思い出した。「恋愛って生ものだからさ、賞味期限あるんだよ」「そこ過ぎたら引き分け狙いでボール回している状態になるわけで(略)ひとりの淋しさよりふたりの淋しさの方がより淋しい」「花はいつか枯れる。だけど枯れてしまっても、そこに美しい花が咲いていたことは忘れない」共感しかない!2021/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17238191
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。