沢村貞子の献立 料理・飯島奈美

個数:

沢村貞子の献立 料理・飯島奈美

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月25日 13時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784898155172
  • NDC分類 596
  • Cコード C0077

出版社内容情報

沢村貞子;飯島奈美;NHK Eテレ 365日の献立日記

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃちゃ

90
「いま、食べたいと思うものを、自分に丁度いいだけ…つまり、寒いときは温かいもの、暑いときは冷たいものを、気どらず、構えず、ゆっくり、楽しみながら食べること」本書に引用された沢村貞子さん著『わたしの献立日記』の一節だ。沢村さんは昭和の名女優で名エッセイスト。一方著者の飯島奈美さんは、現在フードスタイリストとして幅広く活躍されている方。本書は、沢村さんの献立日記をもとに、飯島さんが料理を再現したNHKの番組を書籍化したもの。その料理は、沢村さんの飾らぬお人柄を彷彿とさせ、口福眼福を運んでくる。(その2へ)2023/11/10

佐々陽太朗(K.Tsubota)

87
沢村家の食卓が再現され、鮮やかな写真で視ることができるのがうれしい。こうしてみると沢村さんが『わたしの献立日記』の中で「献立に大切なのは、とり合わせではないかしら。今日は魚が食べたい、とか、肉にしよう――などと主役は早く決まっても、それを生かすのは、まわりの脇役である」と書いていらっしゃった意味が良く判る。主菜を脇がしっかりと固めている。沢村さんが日々の食事を大切にし、家族や友人と過ごす時間を大切にし、堕することなく凜と背筋を伸ばして生きていらっしゃる姿が目に浮かぶようだ。2021/12/07

藤月はな(灯れ松明の火)

78
何の予定も入れていない日曜日の朝は、Eテレで『365日の献立日記』と『日曜美術館』を観るのを楽しみにしている。そんな中、番組で作られていた料理のレシピ本が出版されました!レシピを見て「こんな分量で作られていたのだな」と分かるのでありがたい。そして料理の手順を思い浮かべると、ちょっと贅沢だったり、手間をかける事で日々の食卓はより一層、楽しくなるのだなとしみじみと思う。また、南瓜を梅干しと一緒に煮たり、残ったカレーにオイスターソースを入れて炒め物などの意外な組み合わせも知れて面白かったです。2020/08/18

ばう

68
26年以上、毎日その日の献立を記録し続けた貞子さん。その内容は多種多様で、女優業をしながらよくここまでまめに料理されて!と驚くばかりです。その一部を飯島奈美さんの調理で紹介してくれるTV番組のファンなので詳しいレシピが知りたくて借りてきました。どの料理もごく普通の献立だけれどとても丁寧な説明なので基本に立ち返って作ってみよう!という気になります。「とりの黄金揚げ」を晩ごはんに作ってみようなかぁ?2022/02/11

ぶんこ

54
沢村貞子さんの献立日記は読んでいるので懐かしい。その献立をもとにお料理を作ったのが飯島奈美さん。こうやって写真で作られた物を並べたのを見ると副菜が数点とお味噌汁と豊かです。結婚したての頃、主菜は直ぐに決まるものの、副菜に悩んだことを思い出しました。献立は難しいと思い知り、料理教室に通ったものです。沢村さんのお母様が、お隣の新妻が立て続けに年子を産んで、ヒステリックになると、飛んでいって手助けしたとあり、感涙。糠床に入れる野菜には、ナスを一番下、中間にカブ、浅い所にきゅうり、初めて知りました!素敵な料理本。2023/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15442340
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。