リボンの騎士〈下〉

個数:

リボンの騎士〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 08時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5変判/ページ数 346p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784898154847
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

少女漫画史に輝く金字塔!
女と男、ふたつの心をもったサファイアの、
王位をめぐる切ない恋と冒険の物語。

全700ページの原画を最新技術でスキャニング。
読みやすい新装大判(B5判)で登場。決定版の誕生です!

- - -

〈女らしさ/男らしさ〉とはなにか? ―― いま、わたしたちに語りかける名作。

天使チンクのいたずらで、女と男、ふたつの心をもって、
王国の世継ぎとして生まれたサファイア。
隣国のフランツ王子に恋をしながらも、ときに騎士として剣をきらめかせ、
ジュラルミン大公やナイロン卿、ヘル夫人の悪だくみと闘うサファイアの心は何度もゆれ動きます。
女であることを暴こうとする大公、男の心を取り返せない天使、女の心を奪いたい魔女、サファイアを追いかける王子……
さまざまに交叉する思惑に翻弄されながら続く長い旅、そのたどり着く先は――。

- - -

「ね サファイアさまっ
 男の子になるのと 女の子と
 どっちがいいの?」
「そうね…… あたしの 気持ちは……」

手塚 治虫[テヅカ オサム]
著・文・その他

内容説明

女であることを暴こうとする大公、男の心を奪えない堕天使、女の心を奪いたい魔女、サファイアを追いかける王子。700ページの原画を最新技術でスキャニングした新装版。

著者等紹介

手塚治虫[テズカオサム]
1928年11月3日、大阪府生まれ。本名、手塚治。1946年4コママンガ『マアチャンの日記帳』でデビュー。1947年ストーリーマンガ『新寶島』を発表。新しいマンガの時代を築いて常に戦後マンガ界の第一人者として活動すると同時に、後進のマンガ家達にも多大な影響を与える。1962年に虫プロを設立し、1963年国産初の30分連続TVアニメ『鉄腕アトム』の放送を開始する。アニメ分野の世界でも開拓・発展にも多大な功績を残す。1989年2月9日、60年の生涯を閉じる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もえ

20
初めて『リボンの騎士』を結末まで読んだ。感無量…(笑)私が子供の頃に読んだのは下巻の最初の部分で、サファイアが魔女に女の心を取られてフランツ王子の求愛を断り、魔女の娘ヘケートに女の心が差し出されたところまでだった。実はこの後、ヘケートが意外にいい子で味方になってくれ、海賊のブラッドもサファイアのために命をかけたりと、脇役に魅力的なキャラが多く登場する。『リボンの騎士』には4バージョンあり、私が子供の頃に読んだのは「なかよし版」で、ちょうどこの本と同じだったのも良かった。ベルばらにも確実に影響を与えている。2024/01/27

gtn

18
ウーマンリブを押し出す等、当時の世情を反映している。だが、性の多様性にまでは踏み込んでいない。昭和40年台初頭連載。当時そんな思想は微塵もなかった。2023/11/02

のりすけ

10
へケートちゃん…アンタええ子すぎる。おばちゃん泣いてまうわ。アニメはなんか結果的に幸せになったけど、こっちは…。城の女性陣が男たちに反旗を翻すのは痛快。2019/04/27

azu3

1
40年ぶりくらいに再読。あとがきによると、昭和38年から4年間連載された『なかよし』版とのこと。他に、昭和28年から3年間続いた『少女クラブ』版というのがあるみたい。かつて講談社の全集で読んだのは前者だな。2019/05/12

もりちゃん

0
手塚治虫らしい少女コミックならではのタッチが懐かしい。2021/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13219233
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。