ねこたち―猪熊弦一郎猫画集

個数:

ねこたち―猪熊弦一郎猫画集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 128p/高さ 19X19cm
  • 商品コード 9784898154113
  • NDC分類 723.1
  • Cコード C0071

内容説明

猫、猫、猫…頭の中まで猫が住み込んでしまった画家の、愛のデッサン。総登場猫数690匹!

著者等紹介

猪熊弦一郎[イノクマゲンイチロウ]
1902年香川県出身、画家。東京美術学校にて藤島武二に師事。戦前パリに遊学しアンリ・マティスに学ぶ。戦後は東京、ニューヨーク、ハワイと拠点を変えながら、国内外で活躍。JR上野駅の大壁画“自由”や三越の包装紙デザインでも知られる。1993年逝去、90歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

68
Bunkamuraで次男と『猪熊弦一郎展 猫たち』鑑賞後、売店で即購入。水彩、油彩、版画、インク、それぞれに趣。お気に入りは、アイロンをしている女性の背中に猫が佇んでいるインク図(”題名不明”とのこと)。『丸亀の歌』の野球少年たちのレトロ感も可愛い。抽象画も思わず微笑む秀作多々。但し、最後に観た『葬儀の日』は別格。作品横の解説を読んで、猪熊氏の想いを私なりに感じた印象的な作品。いや~、良い意味で期待を大きく裏切ってくれたなぁ。心豊かになる日曜日の午後となりました。2018/04/08

アキ

66
猫を飼っていた人には表紙のネコの絵は納得できるらしい。一斉にこちらを見るネコたち。猪熊弦一郎はネコ好きで、1ダースもの数の猫を飼っていた程。猫好きで猫をモチーフにたくさんの絵を描いたんですね。今まで見たことのないようなネコのデフォルメされた抽象画と、時には女性と一緒にも描いていた。女性は猫のようなのか、猫は女性に似てるのか、どちらにしても猫と女性は猪熊氏のモチーフだったことは確かです。2020/10/17

アナーキー靴下

23
猪熊弦一郎氏のことは知らず、猫画集に興味を持って。大雑把には、デッサンは写実的なものが多くて、カンヴァス作品は抽象画、版画に至っては思念か、ってレベルに抽象化されていて面白い。でも、抽象化された猫は、猫って思えるのと、うちの猫はこんなじゃない、って思うのがいる。「最近私が描く猫の顔が私そっくりになってきたのには閉口します。」なるほど。うちの猫も私に似てきたし、私もうちの猫に似てしまった。うちの猫はもっと小狡い。なのでちょっと違うな、と。2020/10/27

にがうり

20
文化村の猪熊弦一郎展で、図録代わりに販売されていたので購入。タイトルのついた作品より、タイトルのないさりげない線画のほうがキュンとする。図録じゃないので、収録されていない絵はポストカードで補った。ほのぼのとした絵からは焼きたてのパンとコーヒーの香りがしてきそうだが、実際には、猪熊家は動物園の匂いがしたそう。あれだけ猫まみれならそうでしょう。それでも猫を愛し続けたご夫婦にあっぱれ。2018/04/15

宇宙猫

17
★★★★ スケッチや抽象画。猫の表情をきちんと捉えているのは、技術もさることながら見る側の気持ちもあるんだろうね。2020/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9766369
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。