こども部屋のアリス

個数:
  • ポイントキャンペーン

こども部屋のアリス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 04時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 63p/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784898153574
  • NDC分類 933
  • Cコード C0093

内容説明

『こどもの部屋のアリス』は、『不思議の国のアリス』の作者であるルイス・キャロルが、14章という物語の構成はかえずに、長さを4分の1にして、子どもたちのためにやさしく書きなおした『アリス』です。ぎゅっとつまった数々のファンタジックな名シーンを、アーティスト清川あさみが、布や糸、ビーズ、スパンコール、そして人形たちを用い、鮮やかに立体的に描き出しました。華やかな舞台上で、つぎつぎと衣装を変えていくアリスも見どころ。新しくて、ぬくもりある、清川版『アリス』の誕生です。

著者等紹介

キャロル,ルイス[キャロル,ルイス] [Carroll,Lewis]
1932年、英国チェシャー州で牧師の長男として生まれる。ラグビイ=スクールをへて、オックスフォード大学クライスト=チャーチ学寮卒業。母校で数学と論理学の教師になる。学寮長リデルの娘“アリス”のために「地下にもぐったアリスの冒険」を物語り、1865年、その話をもとに『不思議の国のアリス』を出版。1871年『鏡の国のアリス』出版。写真家でもあった。1898年没

清川あさみ[キヨカワアサミ]
布や糸を使ったアーティストとして写真に刺繍を施すなど、その独特な世界感は幅広い年齢層にファンを持つ。また、数々のCDジャケットや広告のアートディレクターとしても活躍中。2010年度VOCA展入賞

金原瑞人[カネハラミズヒト]
1954年岡山市生まれ。法政大学教授・翻訳家。児童書やヤングアダルトむけの作品のほか、一般書、ノンフィクションなど、翻訳書は400点以上(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yanae

68
清川さん挿絵の絵本。今回はアリスです。初めての立体作品のよう。確かに挿絵に奥行きがあってとっても素敵。それに人形が表情豊かで衣装もかわいいし、アリスの世界観が表現されていると思います。刺繍だもん、お人形の洋服がかわいくないわけがない♡翻訳もすごくよくて、読みやすかったです。挿絵では今まで読んだ清川さんの作品の中でも特に好みでした。あぁ、当時やっていた展示会、知っていたら絶対行ったのに~!絵本でこんなに素敵なんだから、ほんものはきっとなお…。無念。素敵な1冊でした♡2019/03/01

ままこ

61
清川さんの布や糸、ビーズを使ったキッチュで立体感あるアンティークな色使いの挿絵が魅力的な絵本。〈アリス〉の内容はこども向けに構成は変えず長さを4分の1にしてある。訳は金原さんで語りかけ口調。脳内で山寺宏一さんの朗読で聞こえてきた。装丁が絵本好きの大人の女性に好まれそうだからか私が借りた図書館では児童書コーナーではなく一般書コーナーに置いてありました。2018/02/01

みずたま

29
MOEのアリス特集で紹介されていた本。子どものために原作を短く書き直したものなので、各章がダイジェストになっている。清川さんの立体的な挿絵が新鮮で素敵でした。人形や衣装、スパンコール、ビーズに刺繍など…可愛らしいものが大好きな女の子にはピッタリかも。清川さんのアリスは垂れ目なのが個性あって可愛いのですが、原作の印象が強いのでちょっと違和感があったかな。2015/08/29

たんたん(休みます)

27
絵本だからと軽い気持ちで読み始めたらビックリ!内容もぎっしり詰まっていた。これは、子供には無理ではないかと思ったが、金原瑞人さんの訳がうまくて子供の心をきっと惹きつける。ちょっと文が長くなったら、〜をどう思う?と問いかけてきたり、「挿絵をみてみよう」と言って絵に興味を持たせたり。挿絵が斬新でアリスはリカちゃん人形みたい。服や景色は布やビーズやスパンコールでキラキラ。煌びやかな人形劇のようだった。手がけたのは清川あさみさんで「アナと雪の女王」の刺繍アートも公開されていたようだ。刺繍アートに興味ある方はぜひ。2014/06/26

らん

23
ルイスキャロルの物語の構成をかえずに4分の1にして子供達のために書き直したアリス。布や糸、ビーズ、スパンコール、人形を用いた立体的な作品は可愛らしく不穏な空気も感じながら不思議の世界に入り込めます。不安気なアリスの表情を見ていると少し可哀想な気分になってしまうのですが。アリスの涙を表現した作品が可愛い♡涙の池やキラキラのテーブル、トランプの嵐の表現も素敵。レースやスパンコールがあしらわれたアリスのドレスがページ毎に変化して本当に素敵で可愛らしくて眺めているだけで楽しい♪他の清川あさみさん作品も読みたいです2023/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6457808
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。