押し入れの虫干し

個数:
  • ポイントキャンペーン

押し入れの虫干し

  • 高山 なおみ【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • リトル・モア(2011/12発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 04時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784898153253
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

曇りない五感が紡ぐ、少女の頃の濃密な時間。四季によりそい、原点を旅した、自伝的物語。

著者等紹介

高山なおみ[タカヤマナオミ]
1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としての顔も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

野のこ

29
押し入れの暗くて少し息苦しい空間。奥にさ迷いながら幼少期のちょっぴり切ない記憶にふとたどりつく。そーっと取り出して丁寧に虫干しをして今のせいかつに繋がるイメージでした。でも一部衝撃的な出来事もあったけどそれもまた押入れにしまうの?鍋に火をつけ晩ごはんの準備をしながら回想するシーンなどは物語のようでした。「おせんべいがやけたかな」はやり方忘れちゃったけど、私もよく遊んで懐かしく思いました。2017/07/30

bunboo

10
高山さんの書く文章が好きです。なんか郷愁を感じるので。今回は幼い頃の話をとても赤裸々に書かれていて、空気が重いというかちょっと圧倒された。でもその気怠さがよかった。2016/11/28

リタ

7
想い出って、記憶のあちこちにやわらかなトゲのように刺さっているんじゃないかな。でもそれに気づかないふりをして、私たちは新しい日々を重ねてゆく。たぶんそのままにしておくと壊死してしまうから、たまに引き抜いてやって、光のもとにさらしてやることが必要なんだと思います。高山さんはまさにそうやって、想い出たちを「虫干し」してあげた。痛かったり、湿っていたり、淫靡だったり、満ち足りていたり。私たちはそんな高山さんの記憶から、自分自身のトゲに対する懐かしさも憶い出すことができます。セピア色の中の色とりどりの感情たちを。2014/08/19

Mieru

6
強くてすごい粘度がある文章。押入れの中から出て来ただけあって内容が発酵してるみたいな濃厚さだ。散歩に行って図書館に寄って、家に帰って本を読み、夕方の空気を吸いながらごはんを作って…とか、そんな高山さんは見当たらない。書くのに苦労しただろうか。あとがきは、私の知ってる高山さんの感じで、なんだか少し安心。2013/11/27

SNSN

6
高山さんがいう「押し入れにため込むばかりで、少しずつ膨らむ荷物」がまさに文章になってる。その文章は「どこかで自分の記憶にある出来事」を掘り起こす。でも直接的ではなく、例えば私はトトロで病院から電報が入る前のうすら怖い感じとか、参観会で親が来て嬉しいのに恥ずかしくてむず痒いかんじとか、そういうあいまいだった記憶のりんかくがはっきりしていくような文なのだ。2012/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4505759
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。