人魚姫

個数:

人魚姫

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月20日 09時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784898152126
  • NDC分類 949.73
  • Cコード C0093

内容説明

幾重にもかさなる布、丹念に縫いこまれた糸、宝石のように輝くビーズ。つよく、しずかに息づく絵が、人間に焦がれた人魚の恋を、語りはじめる―。誰もが知っているあの名作が、誰も見たことのない絵本に。新訳『人魚姫』。

著者等紹介

アンデルセン,ハンス・クリスチャン[アンデルセン,ハンスクリスチャン][Andersen,Hans Christian]
1805‐1875。デンマーク、フュン島の都市オーデンセに生まれる。14歳のとき、オペラ歌手を志してコペンハーゲンに出る。30歳で、イタリア旅行の体験をもとにつづった『即興詩人』が高く評価され、出世作となった。その後『絵のない絵本』『おやゆび姫』『人魚姫』『マッチ売りの少女』『雪の女王』『はだかの王さま』など多くの童話を書き、70歳で亡くなるまでに150編あまりの童話を発表しつづけた

清川あさみ[キヨカワアサミ]
1979年淡路島生まれ。糸や布を使ったアート作品、衣装、空間、イラストレーションを創作しつづける作家として、そのオリジナルな世界観が様々な分野から注目されている。またCMなどの広告、CDジャケット等を数多く手がけるアートディレクターとしても活躍している

金原瑞人[カネハラミズヒト]
翻訳家・法政大学教授

鈴木理策[スズキリサク]
1963年和歌山県新宮市生まれ。87年東京綜合写真専門学校研究科卒業。85年よりグループ展に参加するなど活動を開始し、90年初個展。写真集『PILES OF TIME』により第25回木村伊兵衛写真賞受賞。第22回東川賞受賞。画家セザンヌが描いたことで知られるサント=ヴィクトワール山、吉野桜、熊野などを主題に、写真と不可視性の関係を探求する作品を発表しつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中

167
私のかわいいあの娘は、はかない薔薇の花びらのよう。純粋な、すべてのひとの心を慰める美しいあの娘を、私たちがまもってやらねばならなかった。初めての恋というものが試練のほどに燃え上がり、かなしい自己犠牲すら選びとるものだと知っていたというのに。 髪をささげたところで、泡になる未来をどこか知っていた。あの娘を知る人間たちが、いつか自分の都合のよいように記憶を変えるときが来ても、私たちは忘れないだろう。あの泡となったはかない娘が、どんなに美しく、どんなに世界を慰めたか、たとえ私たちが泡になって消えても。2019/11/09

125
報われない愛は美しい自己満足なのだろうか。原作者は違うが、挿絵が同じ清川あさみによるテキスタイルだったせいもあって、先日再読した『幸せな王子』と比較してしまった。そしてこの物語の自己犠牲も悲しくせつない。子どもの頃に別の絵本でこの話を読んだ時は、言葉が喋れないなら筆談すればいいのになんて思ったけれど、人魚にそんな能力備わってなかったんだった。そして何かを得ようとする時、その引き換えのように何かを失うという現実が、日常のさまざまなシーンの中で確実にあるよな~っと、あらためて納得させられた。2013/10/18

夜間飛行

85
布やビーズによる画は糸の一本一本が波や光となり、ビーズは泡や石となり、見ているだけで切なさが込みあげてくる。人魚は十五になると陸を見るそうだ。四女の見た海豚と鯨、五女の見た氷山と稲妻…いずれも生まれた時に遭う光景のように懐かしい。六女は命を救った王子を好きになるが、彼の心は別の娘にある。消滅するか、王子を殺すか、決断を迫られた娘はナイフを捨てて泡になる。そこは透明な非在の場で、空の娘達が現れて三百年耐えれば不滅の魂を得られると励ます。身を切るような群青の海が赤く染まっていくのは、人魚の愛の色なのだろうか。2015/02/13

yanae

84
清川さんの刺繍が挿し絵になっている絵本。銀河鉄道の夜がとても素敵だったので、こちらも手に取りました。いやぁ、素敵だった♥️物語も子供向けの人魚姫は絵本で読んだことがあったけど、アンデルセンの人魚姫をきちんと読むのは初めてで、こんなに長いお話だったのね。悲しいけど、終わりは少し希望がある。挿し絵がとても素敵で。お話をしっかり彩っています。銀河鉄道よりも個人的には好み。美しさ、嬉しさ、そして悲しみが伝わってくる挿し絵でした。他にもいくつか挿し絵の絵本があるようなので探してみたい。2018/05/02

絹恵

43
(再読)声が無くなればあなたを傷付ける言葉を言わずに済むのだろうか。あなたの記憶を泡沫の夢にすることは出来るのだろうか。いや全部違う。自分のためのことを考える隙なんてないくらい、人魚姫はひとりのひとを愛していた。私は人魚姫にはなれないし、ならない。涙をこぼしても好きなものを好きだと言って、自分から逢いに行きたい。2015/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/522933
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。