送還日記

個数:

送還日記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 135p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784898151716
  • NDC分類 778.7
  • Cコード C0095

内容説明

北のスパイだって人間だ。韓国で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画をオウム真理教信者の日常を捉えた映画『A』で知られる森達也が解説。

目次

監督自身による映画『送還日記』のあらすじ
評論 ためらい、葛藤するカメラ
対談 彼らと僕らは違うのか?(キム・ドンウォン×森達也)
採録シナリオ
用語解説
映画『送還日記』と長期囚についての年譜

著者等紹介

森達也[モリタツヤ]
1956年広島県呉市生まれ。テレビディレクター、映画監督。1989年、テレビ番組制作会社に入社。小人プロレスに取材したテレビドキュメンタリーをはじめ40本以上の番組を制作。1996年オウム真理教による地下鉄サリン事件を契機にオウム報道が過熱していくなか、広報部荒木浩を中心とするオウム信者の日常に取材したドキュメンタリー番組を企画。オウムに関する報道姿勢の見解の相違から所属していた番組制作会社との契約を解除することになる。しかし、その後もフリーランスとして取材を続け、1998年ドキュメンタリー映画『A』として公開。国内だけでなく、ベルリン国際映画祭に正式招待されるなど、海外でも高い評価をうける。2001年には、続編となる『A2』を完成させ、山形国際ドキュメンタリー映画祭審査員特別賞、市民賞をダブル受賞する。また、映像作品だけでなく、著作も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちんれん

10
韓国に30-40年間囚われていた北朝鮮や韓国の長期非転向囚人を扱ったドキュメンタリー映画のパンフレット。面白い。日本にいてはわからない南北関係が描かれている。2014/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1139581
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。