災害医療とIT

個数:

災害医療とIT

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A4判/ページ数 207p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784898132067
  • NDC分類 498.89
  • Cコード C3047

目次

第1章 医療とIT―有事における可能性を探る(座談会 医療とIT:有事における可能性を探る;東日本大震災と医療IT)
第2章 東日本大震災は医療に何をもたらしたのか(座談会 VOICE:東日本大震災は医療に何をもたらしたのか;東日本大震災から学ぶ情報リスクマネジメントのあり方;石巻赤十字病院における取り組み;東北大学病院メディカルITセンターの取り組み;災害医療にITは何ができるか)
第3章 災害医療におけるITの活用(災害と通信・情報システム;タブレッドデバイスを活用した災害支援;ITを活用した医療活動;ソーシャル・ネットワークの活用)
第4章 災害医療とメンタルケア(対談 遠隔医療とメンタルケア;こころのケア;被災地コミュニティの復興)

著者等紹介

高久史麿[タカクフミマロ]
日本医学会会長。自治医科大学名誉学長。東京大学名誉教授。1954年、東京大学医学部医学科卒業。自治医科大学内科教授、東京大学医学部第三内科教授、東京大学医学部長、国立国際医療センター総長といった要職を歴任後、1996年~2012年まで自治医科大学学長を務めた。現在は自治医科大学名誉学長、東京大学名誉教授。また、2004年より日本医学会会長を務める。日本医師会医学賞、武田医学賞、上原賞、持田記念医学学術賞など受賞歴多数

田中博[タナカヒロシ]
東京医科歯科大学難治疾患研究所教授。東北大学東北メディカル・メガバンク機構客員教授。医学博士、工学博士。1981年、東京大学大学院医学系研究科修了。1982年、東京大学医学部講師、1990年、マサチューセッツ工科大学客員研究員を歴任後、1991年より、東京医科歯科大学教授。2003年~2007年まで日本医療情報学会理事長兼学会長、2011年より、地域医療福祉情報連携協議会会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。