English Stress Shift and the Hierarchy of Constraints on Prosodic Structure

個数:

English Stress Shift and the Hierarchy of Constraints on Prosodic Structure

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年07月25日 03時44分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 183p
  • 商品コード 9784897986036

目次

1 General Introduction(The Grammatical Functions of Stress Accent;Previous Approaches to English Stress;The Hierarchy of Prosodic Constituents)
2 Introduction to Optimality Theory(The Hierarchy of Phonological Constraints;The Categories of Constraints;The Constraints on Prosodic Structure)
3 A Diachronic Study of English Stress(Stress Distribution in Old English;Stress Distribution in Middle English;Stress Distribution in Modern English ほか)
4 Summary and Conclusions(The Leftward Stress Shift;The Rightward Stress Shift;The Ongoing Stress Shift)

著者紹介

柴田知薫子[シバタチカコ]
1985年一橋大学社会学部卒業後、東京都公立学校教諭を経て、1990年東京女子大学文理学部英米文学科に研究生として在籍。1993年津田塾大学大学院文学研究科博士前期課程修了。1999年津田塾大学大学院文学研究科博士後期課程修了