音韻における通時的普遍―最小変化の原理

個数:

音韻における通時的普遍―最小変化の原理

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年11月19日 04時03分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 402p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784897985305
  • NDC分類 801.1
  • Cコード C3082

内容説明

本書は、さまざまな言語の通時および共時変化の証拠に基づいて、通時的普遍、すなわち、多くの言語により共有され、繰り返される、無標の史的音過程は何か、それらを統御する原則は何かを明らかにしようとした。

目次

音変化理論(音変化の原因;音変化のメカニズム;音変化の諸相;通時変化と共時変化)
音過程の分析(子音過程;母音過程)
無強勢音節、機能節疇語と音過程(子音過程;母音過程)
要約と結論

出版社内容情報

さまざまな言語の通時および共時変化の証拠に基づいて、通時的普遍、すなわち、多くの言語により共有され、繰り返される無標の史的音過程は何か、それらを統御する原則は何かを明らかにした。注目の研究書。