Nessus入門―ネットワーク脆弱性試験ツール活用術

個数:

Nessus入門―ネットワーク脆弱性試験ツール活用術

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 230p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784897978987
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3055

内容説明

攻撃者はツールを使って弱点を見つけ、攻撃してくる。考えてみれば当然なのだが、システム管理者だけが知っていて、攻撃者が知らない弱点は、それほど危険ではない。その反対に、攻撃者だけが知っていて、システム管理者が知らない弱点は、非常に危険である。だとすれば、攻撃者に「見えている」弱点を補強するのが最も合理的である。世界中からの攻撃を防ぐためには、世界の攻撃者がデファクトで使用しているツールを使うべきであり、そのツールが本書で紹介するNessus(ネサス)である。

目次

第1章 Nessusのすすめ
第2章 Nessusをインストールする
第3章 脆弱性試験を実行する
第4章 プラグインを知る
第5章 スクリプト言語「NASL」を知る
第6章 脆弱性を知る
第7章 試験報告書を作成する

著者等紹介

広口正之[ヒログチマサユキ]
情報セキュリティや個人情報保護の専門家として現在、講演、研修、コンサルティング活動を行っている。航空宇宙関係のソフトウェア開発、システム開発に携わった経験を持つ。CISSP(公認情報システムセキュリティ専門家)、CISA(公認情報システム監査人)、ISMS主任審査員、公認情報セキュリティ主任監査人(CAIS)、情報セキュリティアドミニストレータ、システム監査技術者、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト、システムアーキテクト、公認システム監査人などの資格を有する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。