IPOをめざす起業のしかた経営のポイントいちばん最初に読む本

個数:
  • ポイントキャンペーン

IPOをめざす起業のしかた経営のポイントいちばん最初に読む本

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年10月31日 02時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784897952413
  • NDC分類 335
  • Cコード C2034

内容説明

会社設立で知っておきたい必須知識から、株式上場に欠かせない財務・経理、労務の要点まで、やさしくわかる実践ガイド!

目次

1章 IPOをめざす積極的な起業とは
2章 これだは知っておきたい!財務・経理の重要ポイント
3章 これだけは知っておきたい!労務管理の重要ポイント
4章 会社設立から決算まで初めての決算シミュレーション
5章 社員の入社から退社まで初めての雇用シミュレーション
6章 知っておくと役に立つ応用編 攻めの財務・労務戦略とは

著者等紹介

寺島有紀[テラシマユキ]
寺島戦略社会保険労務士事務所代表、社会保険労務士。1987年生まれ、一橋大学商学部卒業。新卒で楽天株式会社に入社後、社内規程策定、国内・海外子会社等へのローカライズ・適用などの内部統制業務や社内コンプライアンス教育等に従事。在職中に社会保険労務士国家試験に合格後、社会保険労務士事務所に勤務し、ベンチャー・中小企業から一部上場企業まで、国内労働法の改正対応や海外進出企業の労務アドバイザリー等に従事。現在は、社会保険労務士としてベンチャー企業のIPO労務コンプライアンス対応から企業の海外進出労務体制構築等、国内・海外両面から幅広く人事労務コンサルティングを行なっている

加藤広晃[カトウヒロアキ]
加藤会計事務所代表、公認会計士。1984年生まれ、一橋大学商学部卒業。2007年に公認会計士試験合格後、大手監査法人に入所し、上場企業を中心とした法定監査、IPO監査、IFRSアドバイザリー、価値算定業務等に従事。2013年に広告系ITスタートアップ企業に上場責任者として入社、海外売上比率50%超で世界8拠点の経営管理体制構築とともに2015年、東証マザーズ上場を実現。上場後は経理財務執行役員としてクロスボーダーM&AのPMIやIFRS適用を牽引。2017年、メディア系ITスタートアップ企業に入社後、取締役就任。2018年12月、東証マザーズ&福証Q-board重複上場を実現。現在は、二度のIPO統括経験から将来にIPOをめざす企業の支援や、コーポレート・ガバナンスからIR・SR実務支援、個人投資家としてエンジェル投資等を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。