歴史物語 新島八重の生涯―幕末のジャンヌ・ダルク

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784897577807
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

幕末から明治にかけての日本の黎明期を先駆的に生きた会津の女性「八重」の生涯。

目次

会津時代の八重(聡明な母と男勝りの娘;兄覚馬の帰郷;川崎尚之助との出会い;姪みねの誕生;尚之助との結婚 ほか)
京都時代の八重(兄の妻時榮;英文の京都案内記;養蚕を教え英語を学ぶ;尚之助との再会;ゴルドンに聖書を習う ほか)

著者等紹介

吉村康[ヨシムラヤスシ]
1939年、京都府木津川畔の現住地に生まれる。大阪市立大学経済学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。