磯崎新+篠山紀信建築行脚 〈3〉 逸楽と憂愁のローマ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 182p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784897370057
  • NDC分類 520.8

出版社内容情報

"ヴィッラ・アドリアーナ---無数の隠喩の埋め込まれた建築的複合体

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

342
ローマ郊外ティヴォリに建てられたハドリアヌス帝の別荘。造営には118年から133年までの15年間を要している。その後は3世紀ごろまでは改装が続けられたらしいが、やがて蛮族の石切場となり廃墟と化していった。残念ながら行ったことがないのだが、写真で見る限りでは損傷を受けながらも、存外に原型をとどめているようである。帝国内を巡遊したハドリアヌス帝らしく、アテネ風のポイキレやエジプト風のカノポスなど、なかなかにエキゾティックなものであるようだ。写真を見ての第一印象は、水との親和性が高いこと。そして実に広大なこと。2021/05/29

夜間飛行

79
ローマ最盛期ハドリアヌス帝により築かれたヴィッラ・アドリアーナは、ヘレニズム世界の写しと組み合わせから成り、記憶と瞑想から生まれたメタファーだという。美青年アンティノウスを偲んで造られたカノプス池は、立ち並ぶ円柱や裸の青年像を映しながらいかにも静謐に古代の「逸楽と憂愁」を湛えている。起伏に富むローマの地形がまっすぐな街路を持たず、細胞のように成長する無数の建築複合体を生み出したことも、この柔らかな庭園作りに関わっているらしい。ルネサンス以降の建築にとって範例となった曲線は、廃墟の中にひっそりと眠っている。2019/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1856033
  • ご注意事項