東アジア近代史 〈創刊号〉 特集:国際環境と国内統治

東アジア近代史 〈創刊号〉 特集:国際環境と国内統治

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 138p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784897144801
  • NDC分類 220
  • Cコード C3020

出版社内容情報

創刊の辞  大畑篤四郎
《特集》
日清戦後の宮中と政治(望月 雅士)
第一次世界大戦前における仲裁裁判条約と日本(千葉 功)
政党内閣確立期における植民地支配体制の模索
―拓務省設置問題の考察―(加藤 聖文)
植民地の法制化過程と台湾総督府評議会(1896―1921)
―総督政治・法制官僚・地方名望家―(劉夏如)
洪憲帝政と孔教(肖啓明)
《書評》
東アジア近代史学会編『日清戦争と東アジア世界の変容』(野村 浩一)
原田環著『朝鮮の開国と近代化』(木村 幹)
桜井良樹著『大正政治史の出発―立憲同志会の成立とその周辺』(中島康比古)
中塚明著『歴史の偽造をただす 戦史から消された日本軍の「朝鮮王宮占領」』(檜山 幸夫)
《学界動向》
《東アジア近代史学会 活動報告》