ファッションの歴史―西洋中世から19世紀まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 486p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784896948806
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C0072

内容説明

コスチューム写真・絵画・彫刻・イラスト・ファッションプレート・型紙図面など600点のヴィジュアル資料で読み解く、もっと知りたい人のためのヨーロッパの服飾1200年。

目次

十二世紀までの西ヨーロッパ
十二世紀から十三世紀
十四世紀
十五世紀 男性の服装
十五世紀 女性の服装
十六世紀 男性の服装
十六世紀 女性の服装
十七世紀 男性の服装
十七世紀 女性の服装
十八世紀 男性の服装
十八世紀 女性の服装
十九世紀 男性の服装
十九世紀 女性の服装

著者等紹介

ペイン,ブランシュ[ペイン,ブランシュ][Payne,Blanche]
1897年生‐1972年没。ワシントン大学家政学部教授。服飾の歴史について教鞭を執る。アメリカ、ヨーロッパをはじめ、各地の研究機関や蒐集室を訪ね、数多くの衣裳や関連資料にあたる一方、フランスのデザイナーから実際の制作技術を学ぶなど、服飾に関する総合的な研究をおこなった

古賀敬子[コガケイコ]
横浜生まれ。慶應義塾大学文学部卒業(西洋美術史専攻)。株式会社和光勤務を経て、北欧織物、洋裁、インテリア・コーディネート、写真撮影・暗室技術を修得。現在、美術・工芸・服飾関係を中心に翻訳の仕事に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。