新書y<br> フランス料理を料理する―文明の交差点としてのフランス料理

新書y
フランス料理を料理する―文明の交差点としてのフランス料理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784896916171
  • NDC分類 596.23
  • Cコード C0276

内容説明

世界最高と謳われるフランス料理。豊富な食材、質の高いワイン、多彩なチーズ、鮮やかなソース、愛らしいデザート、そして、華麗な食卓の小道具、「食卓における生きる知恵」としてのテーブル・マナー―しかし、フランス料理が世界を制覇した理由はそれだけではなかった!めくるめくその魅力をオーヴンと蒸篭に代表される文明の違い、多大な影響を受けたイスラームや東洋との関係から探り、さらにレストラン誕生やロシア式サーヴィスにまつわる伝説をも俎上に載せて、食材・調理法・食卓が奏でるハーモニーに耳を傾ける。

目次

第1章 フランス料理が世界を制覇した理由(中華料理と比較してみる;産物の質と個性を育てるAOC(産地名称管理制度) ほか)
第2章 フランス料理・その系譜(オーヴンと蒸篭;最盛期のイスラーム料理が与えた影響 ほか)
第3章 味覚のシンフォニー(味覚のインターナショナル;オーヴンの威力 ほか)
第4章 食卓の小道具とレストランの誕生(「食卓における生きる智恵」としてのテーブル・マナー;マナーの系譜とテーブル・クロース ほか)
第5章 日本人とフランス料理(欧米との遭遇;西洋料理伝来 ほか)

著者等紹介

湯浅赳男[ユアサタケオ]
1930年山口県生まれ。新潟大学名誉教授。現在、常磐大学教授。比較文明史・経済人類学専攻。東京大学院MC修了
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。