松本清張 歴史小説のたのしみ

個数:

松本清張 歴史小説のたのしみ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784896749229
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

清張が舐めてきた人間の辛酸―、権力の悪と個人の無力を慨嘆し、人間の本質に鋭く迫る。

目次

世に出るまで
「西郷札」と徳冨蘆花
明治残酷物語―「啾々吟」
鴎外のかげ―「疵」「白梅の香」
権勢の行方―「戦国権謀」
最後の武士道―「酒井の刃傷」
菊池寛「忠直卿行状記」への挑戦―「面貌」
武将のこころ―「ひとりの武将」「腹中の敵」
さまざまな人生―「三位入道」「背伸び」
特技者の悲哀―「山師」
「小説日本藝譚」に見る芸術家―「世阿弥」
時代小説への道―「甲府在番」「乱気」「佐渡流人行」

著者等紹介

森本穫[モリモトオサム]
元賢明女子学院短期大学教授。昭和17年(1942)福井県生まれ。早稲田大学第一文学部国文専修卒業。松本清張研究会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。