史伝 鎌倉源家北条記

個数:

史伝 鎌倉源家北条記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 568p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784896422788
  • NDC分類 210.42
  • Cコード C0021

内容説明

鎌倉時代に始まる武士の時代、ここに日本という国の骨格、文化の形と心、武士道を鑑とする倫理観が形成された―政治の首都を東国へ、実権を朝廷・公家から武家へ移し、約140年に及んだ鎌倉幕府―頼朝登場から源平合戦、執権北条氏、国難元寇、後醍醐天皇の倒幕計画、新田義貞の挙兵と幕府滅亡まで、日本史上、濃密長大な人間ドラマを通して現在に通底する水脈を探る。

目次

序 鎌倉時代の政治文化
第1部 前期―源氏の時代(源平の盛衰;鎌倉幕府創建;頼朝の時代;頼家の時代;実朝の時代)
第2部 中期―北条氏の時代(尼将軍・義時の時代;泰時の時代;時頼の時代)
第3部 後期―国難の時代(時宗と元寇;貞時の時代;高時と幕府滅亡)

著者等紹介

山口俊章[ヤマグチトシアキ]
1936年東京生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了。71‐72年フランス留学、87年日本学術振興会よりフランス国立科学研究センター出向。元神戸大学大学院文化学研究科教授(フランス文学・思想、政治文化)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。