地域批評シリーズ<br> これでいいのか東京都武蔵野市―人気ブランド吉祥寺の意外な弱点

個数:

地域批評シリーズ
これでいいのか東京都武蔵野市―人気ブランド吉祥寺の意外な弱点

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 12時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784896378320
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0195

内容説明

住みたい街ランキングトップ陥落で吉祥寺に異変!?セレブにもビンボー人にも優しい武蔵野市の住環境。三鷹も練馬も武蔵野市の植民地!広大な吉祥寺エリアの実態。武蔵境にも再開発の波がきた!といっても規模は極小!?ドンキ出現で微妙に荒れてきた中心街。吉祥寺駅の改修は失敗だった?街の魅力を侵食する僅かなスキ。子育てには不向きといわれる武蔵野市の実情。

目次

序章 ビミョーな変化でじわじわ迫る吉祥寺の衰退!?
第1章 再開発に彩られた武蔵野市の歴史
第2章 武蔵野市住民の正体を探る
第3章 少しずつズレが生じてきた吉祥寺のブランド力
第4章 市内最高のエリアに育ちつつある武蔵境
第5章 ニアリィ吉祥寺エリアの生活
第6章 武蔵野市と吉祥寺の真価とは何か

著者等紹介

鈴木士郎[スズキシロウ]
1975年東京都生まれ。編集者、ライター。2012年の『日本の特別地域特別編集39 これでいいのか東京都武蔵野市・三鷹市』は初の単独編纂。生まれも育ちも杉並区であり、2009年から数年間、丸井の裏に事務所を開いていた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

クプクプ

30
非常に面白い本でした。著者は杉並区の生まれですが武蔵野市との境目で育った地元民です。内容は武蔵野市に限らず吉祥寺文化圏の家賃や文化や治安などの現実的な話でした。吉祥寺に近鉄デパートと東急デパートが出来たのは1974年だそうです。私も父の会社の社宅が三鷹市にあり1975年から6年間、近鉄デパートなどで子供の頃、夜に両親と外食した思い出が強いです。また吉祥寺はファッションの町として知られていますが、男性向けに偏った品ぞろえだったのは驚きました。私は40代になった今も独身で両親と暮らしていますが、いつか(つづく2018/12/24

ポジー

0
ちょっと著者の見方が偏り気味な気がしました。 吉祥寺ノスタルジーみたいな…。2019/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13194176

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。