地域批評シリーズ<br> これでいいのか栃木県―ポテンシャルだけは北関東一!?地味~な栃木の地味~な生き方

個数:
  • ポイントキャンペーン

地域批評シリーズ
これでいいのか栃木県―ポテンシャルだけは北関東一!?地味~な栃木の地味~な生き方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784896378009
  • NDC分類 291.32
  • Cコード C0195

出版社内容情報

世界遺産の日光もある関東屈指の観光県の栃木県ですが、知名度は今ひとつ。その原因がどこにあるのか、県民性とともに探ります。

内容説明

栃木県の良さを栃木県民はもちろんよく知っている。しかし強くアピールしない。「守りの栃木」ともいわれる消極的な県民性がそれを許さないのだ。本書はそんな栃木県民の気質と実態を踏まえながら、栃木県の真の魅力や問題点、現在起きている変化などをつまびらかにしていく。

目次

第1章 栃木県ってどんなトコ
第2章 栃木気質のディープな世界
第3章 県の中央にドンと構える宇都宮
第4章 宇都宮衛星地域の天国と地獄
第5章 元栃木県の中心!県南が奏でる不協和音
第6章 弱り目に祟り目で県北が泣いている
第7章 関東の秘境からメジャーへ

著者等紹介

岡島慎二[オカジマシンジ]
1968年茨城県生まれ。雑食ライター兼編集者

鈴木士郎[スズキシロウ]
1975年東京都生まれ。編集者・ライター。出版社を経てフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。