ウソをつく生きものたち

個数:

ウソをつく生きものたち

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2022年05月23日 04時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784895317849
  • NDC分類 481.7
  • Cコード C0045

出版社内容情報

喰らい、逃れ、生きるために、だれをどうだます?

生きものたちは食うため・食われないため、バラエティ豊かなウソやだましのテクニックを身につけている。

●派手な模様で毒があると思わせるカエルやチョウ
●自分をとりまく環境に色などを似せて身を隠す昆虫
●他の鳥の巣に自分の卵をまぎれこませるカッコウ
●怪我をしたふりをするチンパンジー
●人間をだますイヌ etc.

40億年近くの長い進化的歴史のなかで生きものたちが獲得してきたユニークな姿(形態・行動・生態・生理)について、
基礎知識から雑学までさまざまな角度から楽しく解説。

最新の研究を反映させながらも、小学校高学年から読めるわかりやすい文章で、
生きものの進化のおもしろさをユーモアたっぷりに解説した、子どもから大人まで楽しめる一冊。

目次
口絵
はじめに ウソとまねと擬態
 動物はウソをつかない?
 虫のいどころ
 だまし討ちの世界
 子育ては鳥の手も借りたい
 ウソの数だけ、いのちがある
 世界はウソと希望でできている

第1章 食い残されて生き残る
 1 わたしはそこにいません、かくれてなんかいません
    見えない自由がほしくて
    タヌキは眠ってなんかいません
    無視できない虫のわざ
    枝と種とトゲと虫と
 2 俺にさわるとあぶないぜ
    真っ赤なリンゴをほおばる
    赤信号と虎ロープ
 3 怪人二十面相と同業他社
    化けにくくなった怪人二十面相
    みんなでそろえば恐くない
    広げよう、擬態の輪?
 4 あなたの名前で出ています
    羹に懲りて膾を吹く
    シロオビアゲハのご当地カラー
    ロシアン寿司
    夢でもしあえたら
    衣食足りてペアルックを知る?
    まぼろしの擬態について
   
第2章 ウソをつくのも狩りのうち
 1 襲う、乗っ取る、招き寄せる 攻撃的な擬態とは
    プレデターは侍の魂を持つか?
    きれいな花には鎌がある
    釣りをするカメ
    甘く危険な香り
    ホタルの木
 2 この紋所が目に入らぬか
    どこに目をつけてるんだ?
    フクロウチョウを振り返る
    海中ニセまいり
 コラム 「だれがホタルをもぐもぐしたのか?」

第3章 たまには卵もウソをつく
 1 カッコウではない巣の上で
    静かな湖畔の森のかげから
    あなたの卵です(仮)
    はじめてのお仕事
 2 「音なしく」できない生きものたち
    小鳥はとっても歌が好き
    モズが枯れ木で
    借りぐらしのクニクラーリア

第4章 ウソと希望が未来をつくる
 1 ウソつきは社会のはじまり
    おおかみさんにはだまされない?
    男はつらいよ、チンパンジー
    かちかち山の教え
 2 イヌと暮らせばウソにぶつかる
    イヌ、人とあう
    イヌのウソ

おわりに ウソから出たマコトとしての人の世界

解説

著者略歴
著・文・その他:森 由民

【著者】森 由民
動物園ライター
1963年神奈川県生まれ。千葉大学理学部生物学科卒業。各地の動物園・水族館を取材し、書籍などを執筆するとともに、主に映画・小説を対象に動物観に関する批評も行っている。専門学校などで動物園論の講師も務める。著書に『動物園のひみつ』(執筆/PHP研究所)、『約束しよう、キリンのリンリン いのちを守るハズバンダリー・トレーニング』(執筆/フレーベル館)、『春・夏・秋・冬 どうぶつえん』(共著/東洋館出版社)など。

監修:村田 浩一

【監修者】村田 浩一
獣医師、博士(獣医学)、日本大学生物資源科学部特任教授、よこはま動物園ズーラシア園長
1952年兵庫県生まれ。宮崎大学農学部獣医学科卒業後、1978年から神戸市立王子動物園に勤務。2001年に日本大学生物資源科学部に着任、助教授、教授を経て現職。2011年からよこはま動物園ズーラシア園長を務める。その他、日本哺乳類学会国際交流委員、日本獣医学会評議員、盛岡市動物園アドバイザー、環境省外来生物法施行状況評価検討会委員など歴任。著書に『教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん』シリーズ(監修/偕成社)、『どっちが強い!? ゾウvsサイ どすこい重量バトル』(監修/KADOKAWA)、『ドラえもん探究ワールド 動物園のなぞ』(監修/小学館)、『動物園学入門』(共編著/朝倉書店)など。

内容説明

種の繁栄にはワケがある。約70種の生きものが登場!喰らい、逃れ、生きるために、だれをどうだます?進化ってこんなにおもしろい!

目次

第1章 食い残されて生き残る(わたしはそこにいません、隠れてなんかいません;俺にさわるとあぶないぜ;怪人二十面相と同業他社;あなたの名前で出ています)
第2章 ウソをつくのも狩りのうち(襲う、乗っ取る、招き寄せる 攻撃的な擬態とは;この紋所が目に入らぬか)
第3章 たまには卵もウソをつく(カッコウではない巣の上で;「音なしく」できない生きものたち)
第4章 ウソと希望が未来をつくる(ウソつきは社会のはじまり;イヌと暮らせばウソにぶつかる)

著者等紹介

森由民[モリユウミン]
動物園ライター。1963年神奈川県生まれ。千葉大学理学部生物学科卒業。各地の動物園・水族館を取材し、書籍などを執筆するとともに、主に映画・小説を対象に動物観に関する批評も行っている。専門学校などで動物園論の講師も務める

村田浩一[ムラタコウイチ]
獣医師、博士(獣医学)、日本大学生物資源科学部特任教授、よこはま動物園ズーラシア園長。1952年兵庫県生まれ。宮崎大学農学部獣医学科卒業後、1978年から神戸市立王子動物園に勤務。2001年に日本大学生物資源科学部に着任、助教授、教授を経て現職。2011年からよこはま動物園ズーラシア園長を務める。その他、日本哺乳類学会国際交流委員、日本獣医学会評議員、盛岡市動物園アドバイザー、環境省外来生物法施行状況評価検討会委員など歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。