子ども力がいっぱい―河合隼雄が聞く「あなたが子どもだったころ」

個数:

子ども力がいっぱい―河合隼雄が聞く「あなたが子どもだったころ」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月21日 16時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784895284219
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

河合隼雄と七つの個性が織り成す、異色の対談集。ここに「子ども力」を育むたくさんのヒントがある。

目次

山本容子=人の考えないことを考えてみせる力
鶴見俊輔=創造性を身につける力
筒井康隆=人を驚かせる力
佐渡裕=強い思いを蓄え成長する力
毛利衛=環境をうまく受け入れる力
安藤忠雄=遊びからイマジネーションを生み出す力
三林京子=体当たりの挑戦を積み重ねる力

著者等紹介

河合隼雄[カワイハヤオ]
1928年兵庫県生まれ。臨床心理学者・京都大学名誉教授。京都大学理学部卒業後アメリカ留学を経て、1962年、スイスのユング研究所に留学。日本人としてはじめてユング派分析家の資格を取得。帰国後は、ユング分析心理学の理解と実践を推進する。また、日本にはじめて箱庭療法を導入。日本の社会や文化を掘り下げて分析する一方、カウンセラーとして第一線で活躍。1981年、光村図書の児童文学の季刊誌「飛ぶ教室」発刊にあたり、編集委員として参加する。国際日本文化研究センター所長、文化庁長官などを歴任。2007年7月19日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。