科学するまなざし

個数:

科学するまなざし

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784895142465
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

内容説明

この本は「21世紀を幸せにする科学」作文コンクールの第一回から六回までの最優秀受賞作品(中学・高校の部計二十六篇)に加え、選考委員および科学教育の現場に携わる科学者・教育者等からのメッセージをまとめたもの。

目次

巻頭の言葉 科学と向き合う子どもたちのために
第1章 科学に寄せる夢・私の場合
第2章 科学する芽・私はこう育てた
第3章 科学する体験・私の場合
第4章 科学の役割・私はこう思う
第5章 科学する目的・私はこう考える
第6章 科学する意味・私はこう思う
第7章 科学との共存・私の場合
インタビュー 科学する知的面白さを伝えたい(今村聡子(前白井市教育委員会教育長) 聞き手・本間典子((株)リバネス取締役))
科学するまなざしまとめ(「21世紀を幸せにする科学」とは;今どうすれば「科学への夢」を語れるか)
最優秀賞受賞者米国研修旅行レポート “出る杭”を育てる国
「21世紀を幸せにする科学」作文コンクール第一次選考を振り返って(科学がひらく明日を見る中学生たち(中学生の部)
他者に向けられた優しいまなざし(高校生の部))

著者等紹介

村上陽一郎[ムラカミヨウイチロウ]
1936年生まれ。東京大学教養学部卒。同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。東京大学教授、同先端科学技術研究センター長などを経て、95年から現職。科学史、科学哲学の立場から科学技術と社会が抱える諸問題に検証のメスを振るう。第一回山崎賞、第39回毎日出版文化賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。