国家を騙した科学者―「ES細胞」論文捏造事件の真相

個数:

国家を騙した科学者―「ES細胞」論文捏造事件の真相

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784895000956
  • NDC分類 463
  • Cコード C0098

内容説明

初の韓国・最高科学者の称号を受け、巨額の研究費を手にしていた黄禹錫。だが、クローン技術、ES細胞による難病治療が可能になるとした彼の論文は真っ赤な嘘だった!なぜ人々は国を挙げて彼に熱狂し、騙されたのか。

目次

第1章 黄禹錫のマスコミ―「マスコミが作り上げ、マスコミが騙された」(二〇〇五年末の大韓民国;真実を問う若い科学者たち;閉ざされた社会、閉ざされたマスコミ ほか)
第2章 黄禹錫の科学―「民主主義に答えがない」(反証が消えた剥製の科学;ES細胞研究の現在;疑いのないところに科学はない ほか)
第3章 黄禹錫の国―「彼の瞼には大韓民国が映っていた」(政治指導者と官僚科学者;黄禹錫の政治の手懐け方;精神分析からみた黄禹錫事件 ほか)

著者等紹介

李成柱[イソンジュ]
1992年、東亜日報入社。1997年から2004年まで医学分野を担当。米国ジョンズ・ホプキンス大学で1年間研修した後、黄禹錫事件が進行していた最中に帰国し、2006年1月、14年間勤めた東亜日報を退職した。『東亜日報』では、医学の常識を哲学、芸術、文化などと関連付けて説明した「おもしろい体の話」、医師たちのアンケートを通して選ばれた名医を紹介する「ベスト・ドクター」、生活と医学について書いた「李成柱記者の健康な世の中」などのコラムが読者から好評を得た。韓国青年大賞、ペンテック科学言論人賞などを受賞している

〓淵弘[ベヨンホン]
1955年、東京都生まれ。AFP通信社東京支局、AP通信社ソウル支局写真部、『サンデー毎日』編集部記者などを経てフリーに。現在は朝鮮半島をテーマに、取材、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件