越境する身体の社会史―華僑ネットワークにおける慈善と医療

個数:

越境する身体の社会史―華僑ネットワークにおける慈善と医療

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 374p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784894891302
  • NDC分類 498.022
  • Cコード C3022

内容説明

グローバル化に伴う負の側面―疫病の伝播、異郷での死。本書は、近代中国が直面した国際化とその対応を、香港の事例から考察。伝統的な医療や社会組織の変容・適応を再評価しながら、アジア史への新たな視点を大胆に提示。

目次

第1部 東華医院と華人ネットワーク(香港における近代医療の展開;香港東華医院の慈善活動;東華医院の海外ネットワーク;疫病流行と中国人社会)
第2部 中国医学をめぐる「近代化」の諸相(科学と民族主義の時代―民国初期における中国医学廃止をめぐって;中国医学の国際化と現地化;香港における中国医学の制度化)

著者等紹介

帆刈浩之[ホカリヒロユキ]
1964年、東京都生まれ。1995年、東京大学大学院人文科学研究科東洋史専攻博士課程単位取得退学。1998年、博士(文学)。専攻は、東アジア社会史、華僑華人研究。1998年、川村学園女子大学文学部史学科講師、2007年より教授。2012年、沖縄県教育庁文化財課史料編集班嘱託員(歴代宝案担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。