ひつじ研究叢書
複合動詞・派生動詞の意味と統語―モジュール形態論から見た日英語の動詞形成

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 376p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784894762619
  • NDC分類 815.5
  • Cコード C3081

目次

第1章 語形成と概念構造
第2章 英語の派生動詞―概念構造と下位範疇化素性
第3章 日本語の複合動詞1―語彙的複合動詞の意味と統語
第4章 日本語の複合動詞2―統語的複合動詞の構造と意味
第5章 日本語の複合動詞3―統語的複合動詞の意味解釈メカニズムとその二面性
第6章 語形成のモジュラリティと意味解釈

著者等紹介

由本陽子[ユモトヨウコ]
神戸女学院大学文学部英文学科卒。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了後、1987年より大阪大学言語文化部、現在同大学院言語文化研究科助教授。2004年に博士号取得(大阪大学)。専門分野、語形成論、語彙意味論、概念意味論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。