最前線UNIXのカーネル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 707p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784894711891
  • NDC分類 007.63
  • Cコード C3004

内容説明

本書は、システム設計の観点からUNIXカーネルに焦点を当てたものである。本書では多くの商用、研究用の各種のUNIXを述べている。カーネルの構成要素に関して、主要なUNIXシステムがどのような実装を選択し、他の実装と比べた際のその優劣や構成と設計の観点から探求した。

目次

概要
プロセスとカーネル
スレッドと軽量プロセス
シグナルとセッション管理
プロセス・スケジューリング
プロセス間通信
マルチプロセッシングと同期
ファイル・システムのインターフェースとフレームワーク
ファイル・システムの実装
分散ファイル・システム〔ほか〕

著者等紹介

ヴァハリア,ユーレッシュ[Vahalia,Uresh]
各種UNIX OSのカーネル・サブシステム開発の豊富な経験があり、大学、企業、学会などでUNIXカーネルに関する講義、セミナーなどを持つ。現在、EMC Corporation所属

戸辺義人[トベヨシト]
慶応義塾大学博士(政策・メディア)。(株)東芝にて、ネットワーク機器の開発に従事。現在、慶応義塾大学政策・メディア研究科プロジェクト助教授

中村明[ナカムラアキラ]
ケンブリッジ大学コンピュータ研究所ph.D.。京都大学工学部卒。(株)東芝にて、OS、言語の開発に従事。現在、国際基督教大学理学科準教授

津田悦幸[ツダヨシユキ]
東京大学大学院工学系研究科修士。(株)東芝にて、システムソフトウェアの開発に従事。現在、(株)東芝研究開発センター研究主務
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。