岡田英弘著作集〈5〉現代中国の見方

個数:

岡田英弘著作集〈5〉現代中国の見方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月05日 06時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 583p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894349865
  • NDC分類 208
  • Cコード C0320

出版社内容情報

恐るべき現代中国論の集大成!
岡田史学の眼でこそ見通せる、現代中国の真実。
領土問題、歴史認識をはじめ軋轢の高まる日中関係。今日でこそようやく白日の下に明らかになった中国の真実だが、岡田は既に40年前からこれを見抜き、警鐘を鳴らしていた! 近現代中国をどう見るべきか、日本はどう振る舞うべきか。歴史学が現代において大きな意味をもつことの好例が、岡田の中国論である。
[月報]マーク・エリオット/岡田茂弘/古田博司/田中英道

【著者紹介】
岡田英弘(おかだ・ひでひろ)1931年東京生。歴史学者。シナ史、モンゴル史、満洲史、日本古代史と幅広く研究し、全く独自に「世界史」を打ち立てる。東京外国語大学名誉教授。1953年、東京大学文学部東洋史学科卒業。1957年、『満文老?』の研究により日本学士院賞。アメリカ、西ドイツに留学後、ワシントン大学客員教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授を歴任。著書に『歴史とはなにか』(文藝春秋)『世界史の誕生』『日本史の誕生』『倭国の時代』(筑摩書房)『チンギス・ハーン』(朝日新聞社)『モンゴル帝国から大清帝国へ』『康煕帝の手紙』(藤原書店)ほか多数。編著に『清朝とは何か』ほか。2013年6月に、これまでの仕事の集大成となる『岡田英弘著作集』全8巻が刊行開始(2015年完結予定)。

内容説明

40年前に中国の真実を見抜く!領土問題、歴史認識をはじめ軋轢の高まる日中関係をどう理解すればいいか?文化大革命、毛沢東・林彪・〓(とう)小平ら権力者の実像をつぶさに描きながら、中華人民共和国の真実を鮮やかに看破した碩学の決定版!

目次

第1部 現代中国はいかに形づくられたか(現代中国の誕生と日本;中国における少数民族)
第2部 中国人とは何者か(中国人の意識構造;中国人の行動原理)
第3部 時局を読み解く(「林彪事件」とは何だったのか;なぜ中国は日本と国交を結びたがるのか ほか)
第4部 現代中国の諸相(中国人に頭を下げるな;アントニオーニの映画『中国』 ほか)
第5部 発言集(中国人とは?;中国の歴史と現在 ほか)

著者等紹介

岡田英弘[オカダヒデヒロ]
1931年東京生。歴史学者。シナ史、モンゴル史、満洲史、日本古代史と幅広く研究し、全く独自に「世界史」を打ち立てる。東京外国語大学名誉教授。東京大学文学部東洋史学科卒業。1957年『満文老档』の共同研究により、史上最年少の26歳で日本学士院賞を受賞。アメリカ、西ドイツに留学後、ワシントン大学客員教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。