マルクスとハムレット―新しく『資本論』を読む

個数:

マルクスとハムレット―新しく『資本論』を読む

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894349667
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0033

出版社内容情報

『資本論』と『ハムレット』の鮮烈な再読が炙り出す、マルクスの真の問いとは?
近代的欧州と前近代的ケルトの二重性を抱く『ハムレット』。そこに激しく“共振”したマルクスを『資本論』の中に見出すことで、マルクスの資本主義批判を初めて近代主義の桎梏から解き放つ野心作。

内容説明

自然を征服し、異民族を統合してきたローマ・キリスト教文明とその根底に伏流するケルト世界という二重性を孕んだ『ハムレット』。そこに激しく共振するマルクスを、『資本論』の中に読み解く野心作。

目次

第1章 マルクスとハムレット
第2章 ヘーラクレース的なマルクス
第3章 ガリアのヘーラクレース、アンリ四世
第4章 剰余価値論の悶えるマルクス
第5章 ハムレットに引き寄せられるマルクス
第6章 マルクスのケルトへの屈折したまなざし
第7章 ハムレットのキドプロコ
第8章 価値表現のキドプロコ
第9章 生皮のキドプロコ
終章 元手との新しいつきあい方―ヘーラクレースからマーキュリーへ

著者等紹介

鈴木一策[スズキイッサク]
1946年、宮城県仙台市に生まれる。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。哲学、宗教思想専攻。國學院大學、中央大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件