冒される日本人の脳―ある神経病理学者の遺言

個数:

冒される日本人の脳―ある神経病理学者の遺言

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894341173
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

この著者に対する認識を根本的に改めさせられた。白木博士は、東大紛争がはじまった当時の東大医学部長で、医学部からはじまったあの紛争の渦中の人物である。あの頃学内には、白木教授を批判する立看板が毎日のように出ていて、それを読む限り、極悪人としか思えないような教授だった。しかしこの人は、水俣病、スモン、ワクチン禍と、公害・薬害・医療過誤の三大裁判でいずれも患者側に立って闘いつづけてきた大変な人なのである.....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』 255頁、より)

内容説明

東大医学部長の職を辞し、スモン病、ワクチン禍、水俣病訴訟に全生涯をかけて闘ってきた医学者が、「医の魂」の立場から、20世紀文明に鋭い警鐘を鳴らす問題作。

目次

1 「医の魂」を求めて―三つの裁判と残された問題
2 水俣病は終わっていない
3 沈潜し多様化する恐怖
結語にかえて―冒される日本人の脳
余話