おばあちゃん ひとり せんそうごっこ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784893400208
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

詩人が文を書き、三輪滋がそれに応えるカタチで製作された絵本“シリーズ・ちいさなつぶやき”は1970年代に出版され、一部に熱烈なファンを生み、以後現在まで語り継がれて来た。全6冊の中でも、ひときわ異彩を放ち、かつビビットな反響を生み出した谷川俊太郎とのコラボレーション。入手困難となっていた『おばあちゃん』『ひとり』『せんそうごっこ』が、3冊合本で再登場。発売当時に物議を醸したその内容は、21世紀の現在の私たちに何を語るのか。三輪滋渾身の描き下ろし表紙で、装いも新たに生まれ変わった“僕と世界”をめぐる3つのストーリーが、新たな読者を獲得すべく、今ここにある。

著者等紹介

谷川俊太郎[タニカワシュンタロウ]
1931年、東京生まれ。1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる

三輪滋[ミワシゲル]
イラストレーター。1941年愛知県生まれ。名古屋市工芸高校産業美術科卒業。百貨店宣伝部、デザイン制作会社を経て’70年より独立。ポスターで日宣美展奨励賞、「ステンドグラスの中の風景」で第45回文学界新人賞受賞。東京都府中市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。