放送が作ったアメリカ

個数:

放送が作ったアメリカ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 203,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784893095305
  • NDC分類 699.253
  • Cコード C0095

内容説明

放送は、政治、軍事、宗教、教育とどのように関わってきたのか。20世紀、アメリカは放送を誕生させ、放送はアメリカを作り上げた。長年日本の公共放送に携わり、欧米の放送現場に深く関わってきた著者が描く、アメリカという国の放送の過去、現在、未来。

目次

1章 アメリカ放送史いくつかの断面(史上最大の幸運―アメリカを現在の姿たらしめたもの;国民国家と放送;マルコーニ、新世界へ;ラジオの誕生;ラジオブーム;ナットワークの成立;大恐慌下のラジオ~リベラルと反リベラルの系譜;FCCの軌跡)
2章 自由と規制の振り子(公正原則(フェアネス・ドクトリン)の廃止
FARA(外国エージェント登録法)
『公共放送』というイメージ
アメリカCATV事情
アメリカ衛星放送事情
マストキャリー・ルールとFCC
なぜ放送には新聞にない規制が存在するのか)
3章 揺れ動くメディア(地上波テレビ完全デジタル化、アメリカの場合;カリフォルニア、同性結婚の行方;テレビとアメリカ人;テレビは二一世紀に生き残れるか)

著者紹介

河村雅隆[カワムラマサタカ]
1951年東京生まれ。75年東京大学経済学部卒業。75~80年NHK松山放送局報道課。80~89年報道局報道番組部、特報部などで主にNHK特集を制作。89~91年NHKエンタープライズ・プロデューサー。91~93年Deputy Managing Director,Media International Corporation Europe(London)。93~95年NHK報道局特報部チーフ・プロデューサー。95~98年大阪放送局報道部チーフ・プロデューサー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件