くるくるくるよ おすしがくるよ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784893095169
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

きょうはかぞくでかいてんずし!!

著者等紹介

川北亮司[カワキタリョウジ]
児童文学作家・童話作家。1947年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1970年『はらがへったらじゃんけんぽん』(講談社)でデビュー。翌年この作品で第4回日本児童文学者協会新人賞受賞。子どもの本(児童文学や絵本)を中心に、漫画原作、演劇脚本、エッセイなど、ジャンルを越えて活動。日本児童文学者協会会員

山村浩二[ヤマムラコウジ]
アニメーション作家・絵本作家。1964年名古屋市生まれ。東京造形大学絵画科卒業。多彩な技法で短編アニメーションを制作。『頭山』がアニメーション映画祭の最高峰、アヌシー、ザグレブ、広島をはじめ6つのグランプリを受賞、第75回米アカデミー賞にノミネートされる。また『カフカ田舎医者』がオタワ、シュトゥットガルトほか7つのグランプリ受賞。国際的な受賞は60を越える。アニメーションに関する書籍など著作多数。ヤマムラアニメーション代表、東京藝術大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソルティ

130
これは言葉遊び、韻踏みな絵本でした。内容は回転寿司食べに行った、ってことだけ。あとはリズミカルな言葉とそれにあった絵という感じで。絵はかわいいのですみずみまで見たくなります。この絵見たことあるなぁと思ったら「キッチン大サーカス」とか「くだものだもの」とかやっぱり言葉遊びな絵本でよく絵を描いてる方ですね、山村浩二さんです。もしかしたら川北亮司さんとずっとペアで仕事してるのかな?なんにしろ楽しい絵本です。2018/11/17

ヒラP@ehon.gohon

19
このリズミカルな言葉遊び、大好きです。 おすしのネタに引っかけて、驚くような回転技の連発に、お腹も膨れてしまいました。 川北亮司さんの絵本にはまりそうです。 読み手の楽しめる読み聞かせ絵本になりそうです。 お客さんもノリが良いですね。2020/02/14

mahitarou

19
ダジャレ本?初めのページはとっても美味しそうで、これ食べたいね~なんて話していたのですが・・・。だんだんとなんだかよくわからなくなって(汗)5歳の息子には理解できず仕舞い。10歳の娘は、「ダジャレだね!」とバッサリ。読み聞かせって感じではないのかも!?2014/11/12

ヒラP@ehon.gohon

13
おもちゃ図書館で読み聞かせしました。 事業所で読み聞かせしました。2020/01/29

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

10
最初の寿司のページはとても美味しそうだと話しながら読み聞かせていましたが、途中で子供も無言になってしまいました。幼児にはちょっと難しかったようです。ダジャレになっていますが読み聞かせは難しかったです。ちょっと大きい子向けでした。2015/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2966708

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。